2018年06月27日

[母子健康包括支援センター」の開設、「産後ケア」事業について

岐阜市では妊娠期や子育て期までの人の不安や悩みに対し相談窓口をわかりやすく、また充実させようと、来月7から市内3か所の市民健康センター(中央、北、南)に母子健康包括支援センターを設置します。この窓口設置に際し、新たに3人の母子保健コーディネーターが配置されます。また医院の協力を得ながら宿泊を伴う産後ケアへのとり組みも始めます。

私は他市の女性議員と共に去年75に発生した九州北部豪雨の被災地、福岡県朝倉市を8月末に視察させて頂きました。

朝倉市の災害現地では被災された産後間もないおかあさんは赤ちゃんの夜泣きやぐず付きなどの気兼ねから避難所では過ごしづらく、うつになったりする方が多くありました。このため、地元の女性議員や民生委員、そして助産師さんなどが手分けして協力者を探され、休診していた産婦人科医院で「母子支援センター」を設置し、24時間体制で宿泊、相談をボランティアでされている状況を視察させて頂きました。

宿泊できる産後ケアの大切さを感じ、9月議会で岐阜市での取り組みを要望しました。

今回岐阜市で「母子健康包括支援センターの開設」「産後ケア事業がスタートすることに期待しています。

今後はさらに災害時における母子支援の充実も進むよう、また災害時に妊婦さんに気を付けて欲しいことを呼びかける情報提供も岐阜市で進めて頂きたい。そんな思いで今回の岐阜市議会6月議会(6月25日閉会)で質問、提案をさせて頂きました。

posted by 高橋かずえ at 16:49| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする