2018年07月02日

白川町とUDトーク

7月1日PM11:48現在下呂市に雷注意報、そして避難指示が出されています。高山線は飛騨萩原~飛騨小坂間が土砂崩れのため不通となっています。被災されている方々にお見舞い申し上げます。

 この高山線の普通電車に乗って今日(7月1日)は白川町へ行ってきました。スマホの音声認識UDトーク」の機能ご存じですか?この機能を活用してコミュニケーションを支援しようと活動している白川町要約筆記サークル「あゆみの会」の招きでリスピーカー講座の講師を務めてきました。

IMG_6234.JPG

リスピーカーとは話し手の言葉を正確に変換させる人のこと。このリスピーカーのために基本的な発声方法と話し方をアドバイスするというのが私の役割です。昔取った杵柄、役に立てればとの気持ちと白川町の自然に魅かれ、でかけました。

IMG_6237.JPG

あゆみの会の皆さんとは1年半前からの繋がりです。出会いがきっかけで去年の3月議会でUDトークを取り上げ、小中学校の難聴通級学級などで導入して頂けました。今回の講座は白川町役場の大会議室で行われました。

講座が始まる前にスタッフの皆さんと昼食。初めて出会う方もいらして、にぎやかに話がはずみました。

白川町の人口は6月1日現在8,393人,人口減が続く一方で移住者の方が増えてきているとのこと。(過去10年間の移住者数、56世帯111名)最近関東から移住された方が新しい視点で町の魅力を作り出そうと話されている様子に新鮮さを感じました。スタッフの方は全員が女性、仕事も家庭環境も違う中、どなたものびのびと発言され、壁のなさと、協力する和やかさに力強さを感じました。

IMG_6241.JPG

子どもの数の減少、高齢化、地形から限られた産業しか取り組めないなど課題が目の前に差し迫っていながら、この明るさは何だろうと今も考えています。

一人ではなく皆で考え、できることを手分けして活動という形にし、つないでいく。気負いなく。できそうでできないことです。

障がいのあるかたも外国籍の人も、高齢者の方もスマホやタブレット機能を活用すれば繋がっていけるという確信がスタッフの皆さんにあるからこそと思いました。

IMG_6247.JPG

IMG_6243.JPG

IMG_6245.JPG

役所の車には「白川郷じゃないよ!白川町だよ」とありました。

“このユーモア!”れだな、白川町の魅力は…。と思い当たりました。また訪れたい町です。

IMG_6229.JPG

posted by 高橋かずえ at 01:58| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする