2017年08月12日

夏休み子ども食堂

一人親や様々な理由で孤食になりがちな子に低料金で食事を提供する子ども食堂、5年ほど前から全国に広がっています。岐阜市の今年度の新規予算として、この子ども食堂への支援として42万円が計上されています。@夏休みに10日以上開催する。A利用者20人以上などの条件で2つの団体に今年は支給されます。

 

先日9日に円徳寺で行われた「てらこや無償塾・子ども食堂」に参加させて頂きました。ここは福島の原発事故で避難している子らの居場所づくりになればとボランティアの有志で始められました。

 

IMG_5049.JPG

学習支援とあわせて子ども食堂が運営されています。この日の献立は野菜がゴロゴロいっぱい入ったカレーとマリネサラダとデザートでした。参加の子どもは小学生20人、中学生9人、高校生以上3人、大学生ボランティア1人、それに他支援者、総勢51人でした。あっという間に食べてしまう子、大事そうにゆっくり食べる子、ワイワイ、がやがや、多くの人と共に食べる幸せ感が伝わってきました。

 

IMG_5038.JPG

 

IMG_5035.JPG

 

IMG_5036.JPG

 

別室にいて参加しない中学生とちょっとおしゃべりしました。アレルギーがあって、今回の材料に苦手の物があってということでした。

 

食は大事ですが一方でアレルギー対策はそう簡単でないことも実感しました。この子は中学二年生とのこと。おしゃべりを交わす中に「中二病」という筆箱を持っているのに気がついてどんな病気か聞きましたら、何もしたくなくなる、イライラするなどザ〜とあげてくれて「ネットで広まってるの。まあこの時期、反抗期だからかな?」と自己分析の解説でした。???≪中二病とは?≫世代を超えたおしゃべりから宿題を出された感じです。

 

IMG_5041.JPG

 

IMG_5042.JPG

 

ここの子ども食堂、お盆休みを挟んで次回は819日です。

 

IMG_5045.JPG

 

posted by 高橋かずえ at 14:56| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

ドキュメンタリ―映画「太陽が落ちた日」

5日、アヤ・ドメニック監督の「太陽が落ちた日」を県立図書館で観ました。「ヒロシマ・ナガサキ・フクシマに想いを寄せて」実行委員会の主催でした

 

スイス在住の監督の祖父・土井茂さんは広島赤十字病院の医師でした。

194586日、アメリカが広島に原爆を投下したその日、被爆した人々の手当てをした祖父は何も語らず亡くなりました。語らなかった祖父の足跡をたどったドキュメンタリ―映画です。

 

ドメニック監督が穏やかな口調で祖母に語り掛けながら淡々と日常生活が映し出される中、今も不安を抱える内部被爆の方達への思いを語る故・肥田舜太郎医師が土井茂さんの心境と重なって伝わってきます。

 

その後の実行委員会メンバーによるシンポジウムでは内部被爆へのデータを集めるなど福島原発事故を風化させない活動への呼びかけもされました。語られない事実に目を向けることの大切さ。

戦後72年。6815分に黙祷。

posted by 高橋かずえ at 00:14| 岐阜 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

岐阜市民病院に手術支援ロボット「ダビンチXi」導入

 

前立腺がんなど、開腹せずに手術ができる最新の手術支援ロボット「ダビンチXi」が岐阜市民病院に導入され、きょう(728日)説明会が開かれました。

 

ダビンチは手術用具やカメラが付いた4本のロボットアームを担当医が離れた操作台で三次元の立体映像を見ながら遠隔操作し、手術するロボットです。

 

これまで前立腺がん手術は開腹手術や腹腔手術で行われてきました。今回購入された「ダビンチ」はアームを差し入れる小さな穴を空けて

手術するので患者の負担が軽くなるほか、手術時間も短縮できるということです。

 

今回は研修用として使われている器具を使って遠隔操作の実習も行われました。

 

まず平面図の画面をみながら器具を使って小さなゴムの輪をとがった所に入れるという操作を体験しました。これが中々難しかったです。(最初の写真)

 

DSC_0007.JPG

 

DSC_0013.JPG

 

DSC_0012.JPG

  

 

次に目の検査のように眼鏡型の部分に接して立体画を見ながら同じ作業をしましたら簡単にできました。(2番目の写真)この三次元の立体映像が見られるというのが新しいダビンチの特色となっています。

 

 

医師の皆さんは20時間ほどの研修を重ね実際に手術に向かうということで、市民病院では9月からこのXiでの手術が行われる予定になっています。現在は前立腺がんと腎臓の部分切除手術のみ保険が適用されるということですが今後は他への適用が広がると予想されています。

 

購入費は3億円余りです。最新のこのXiは岐阜市民病院と岐阜大学病院に導入されています。重さは800`、ロボットはアメリカと日本の技術が生かされているとのことです。短い体験ながら、繊細な場所を精神を集中して手術される医師の皆さんの緊張、責任感の重さを感じました。またロボットの進歩の認識を新たにしました。

 

続きを読む
posted by 高橋かずえ at 01:04| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

石岡市(歴史と文化)前橋市(新電力事業者からの購入)足利市(世界遺産登録に向けて)

 

718日(火)~20()まで茨城県石岡市、群馬県前橋市、栃木県足利市を視察しました。

 

   18()は茨城県石岡市で「歴史と文化を生かしたまちづくりと観光客誘致について」の視察でした。

 

石岡市は人口7万6千人あまり。岐阜県に置き換えると人口8万2千人あまりの中津川市に近い人口です。しかし面積は215.53㎢で岐阜市の202.9㎢に匹敵します。これは日本第2の面積を持つ霞ケ浦(220)の一部が入るためですが…。

 

石岡のおまつりとして知られる常陸國總社宮大祭は毎年9月の敬老の日を最終日とする3日間で開催されています。今年は916日(土)~18日(月)の3日間です。東京から常磐線特急でおよそ1時間という距離もあってか期間中40万人の見物客が訪れるとのことです。江戸時代末期の商家や大正期〜昭和期の歴史的建築物「看板建築」が何軒も保存されていて魅力的な街です。またゆっくり訪れたいです。

 

IMG_4753.JPG

 

IMG_4752.JPG

 

IMG_4754.JPG

 

IMG_4749.JPG

 

そんな街中を抜けた郊外の農村エリアには筑波山の東麓八郷(やさと)に昔ながらの茅葺屋根の民家が約70棟残っています。

茅を育て、また茅葺のできる職人を育てることにも行政として関わっていることが今に残る背景にあるのではと思いました。またほとんどが実際に住まいとして使われているため、見学はできない中、たまたま市職員の方のご自宅を見せて頂けました。茅葺きのふきかえには片面だけで500万円ほどかかるとのことで経済的な負担が大きいこと、また冬はすき間風がふきこみ暮らす面では大変な中、守り続けてくださっていることに感謝です。

 

IMG_4757.JPG

 

IMG_4766.JPG

 

IMG_4761.JPG

 

行政としても広い市全体、特に郊外の交通問題など、

高齢化の中、課題が多いということ、他人ごとではないと思いました。

 

 

19日は群馬県前橋市の小売電気事業者(PPS,新電力事業者)からの電力購入による

効果額や課題について伺いました。市あげて積極的に導入への研究をするなど、前向きに取り組んでいること、また市民の関心も高いことを感じました。

 

20日は栃木県足利市の国指定史跡「足利学校」のユネスコの世界遺産登録に向けた取り組みについて伺いました。

足利市は都市間連携で教育遺産世界遺産登録を目指そうと、教育関係の遺産が残る茨城県水戸市、岡山県備前市、大分県日田市と交流を深めている点がユニークと思いました。

岐阜市も長良川鵜飼のユネスコ無形文化遺産登録を目指しています。登録への新しい取り組みが必要ではと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む
posted by 高橋かずえ at 00:53| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

岐阜羽島衛生施設組合 次期ごみ焼却場建設について

去年630日に岐阜羽島衛生施設組合から次期ごみ処理施設を羽島市福寿町平方地内に建設するとの発表がありました。

老朽化に伴う新施設建設ということでH18年には羽島市下中町が建設予定地にあげられましたが地元の理解が得らない状態が続き、新たな候補地として比較検討された結果での発表でした。現在基本計画作成中でH40年稼働予定となっています。

用地決定から1年、現地を視察させて頂きました。

IMG_4722.JPG

写真では広い草原という状況ですが今後土地区画整理事業が行われ、集約される保留地約4.5㏊の一部を対象に用地取得が行われることになっています。

岐阜市には他に2か所ごみ焼却場があるものの、東部クリーンセンターは2年前の粗大棟の火災原因者の賠償問題が進展せず、一方老朽化のため、掛洞プラントも新築計画が準備されることになっていて多額の費用が掛かります。

この岐阜羽島衛生施設組合は岐阜市、羽島市、と羽島郡の笠松、岐南の2町の合議で進められます。いままでもスムーズに進んだという場合ばかりではありませんでした。建設費150億円、166億円という数字も上がってきています。今後の進められ方に注目していきたいと思っています。

IMG_4726.JPG

H283月まで岐阜市境川でごみ焼却場として稼働した7階建ての施設は5階が事務所として使われている他はひとけがなくがなく、昼間でも心細くなりそうな雰囲気です。西隣のし尿処理施設は羽島市を除いた12町のし尿処理場として毎日100トンのし尿を処理しています。そしてこのまま今後もこの場で稼働するということで、ごみ焼却場とは分離した形になります。どちらにしてもごみ処理、し尿処理の大切さを改めて現地で感じました。

 

⋆し尿処理施設

 198138月竣工、2015年度 脱水設備を全て更新

【主処理設備のしくみ】

し尿に含まれるBODや窒素を活性汚泥(硝化菌、脱窒菌等)の働きにより処理し、沈殿槽で処理水を分離する。分離された汚泥は一部は脱窒素奏槽に返送され、余剰汚泥は汚泥処理工程に送られる。

 

 

 

 

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 23:53| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

岐阜市の車中泊対策について

 

防災の中に新しい課題として車中泊対策がでてきています。

去年4月の熊本地震では震度7の激しい揺れが2度あり、建物の倒壊の恐れから長期間にわたって車中泊をする避難者の方が多くいました。しかし何処に何人が避難しているのか把握することができず、支援が遅れるケースもありました。また狭い車内で体を十分動かせないために、エコノミークラス症候群になる人も多くいました。

 

 

この熊本地震を教訓として岐阜市でも新しい避難所対策の中に、車中泊避難を加えています。

車中泊用のスペースとして小中学校のグラウンドの半分を想定しているほか諏訪山グランドを状況次第で開放することを決め、併せて約15千台が停車できるとしています。

 

 

この想定台数を検証しようと今月18日、本荘小学校グランドで地元自治会などが参加して訓練が行われました。岐阜市の想定では本荘小学校のグランドの停車台数は約195台です。1台当たり3b×5bのスペースが必要として産出された台数です。

 

IMG_4662.JPG

 

 

 

しかし訓練当日参加した車約40台を止め、乗り降りやトランクの開け閉めのスペースを加味した所、この台数のほぼ半分の100台位しか無理ではないかとの結果になりました。

 

IMG_4659.JPG

 

IMG_4678.JPG

 

IMG_4676.JPG

 

 

訓練を見させて頂きながら、災害でパニック状態の時にこの日のように誘導通リ駐車できるのか、また誘導する人が確保できるのか車中泊の想定の難しさを実感しました。

岐阜市の他の地域ではまだ車中泊訓練はされていませんが、まずは想定停車台数の算出根拠の計算方法を見直し、台数の早急な訂正が必要と思います。

posted by 高橋かずえ at 12:30| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

女性参政権行使記念日 推進法案成立へ!

V

4月10女性参政権行使記念日市川房枝さんら多くの女性の勇気ある行動が実現への扉を開いてくれました。今年は71周年の記念日です。

 

この日、「政治分野における男女共同参画推進法案」の成立を求めて衆議院第2議員会館に160を超える人が集まりました。

 

この推進法案は9条からなり、

 2条では

衆議院、参議院及び地方議会の選挙において男女の候補者の数ができる限り均等となることを目指して行われるものとする。

4条には

政党その他の政治団体の努力が掲げられています。

 

日本の女性議員比率(衆議院)が193カ国中、164という中、スピード感もってこの法律成立に取り組むことが必要と思います。

 

この法案成立にはクオ―タ制を推進する会(Qの会)のロビー活動や衆参国会議員に働きかける「院内集会」、法的クオ―タ制の可能性を探る「勉強会」等の地道な活動がありました。この日までに61の団体が賛同団体に名を連ねました。

IMG_4367.JPG

 

私も所属する岐阜市女性問題連絡会から参加しました。連絡会では党派を超えてさまざまな女性問題に取り組んでいること、また私自身が記念日と同じ71年を重ねてこの場にいることを誇りに思うと自己紹介しました。

2017・4・10.JPG

 

議会で、職場で地域で女性の活躍がもっと広がるためにこの法案が第2の参政権誕生になるように」、と力強く発言された樋口恵子さんの言葉が

会場の女性の気持ちを代表していたと思います。

IMG_4374.JPG

 

 

 

pa.JPG

 

 

 

 

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 23:27| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

岐阜市長良中学校で共同調理始まる

 

きのう7日は岐阜市内小中学の始業式、新学期がスタートしました。給食は11日からのようです。

給食開始を前に長良中学校の共同調理場が完成し、329日に市議会議員対象の視察が行われました。また44日にはこの調理場で初めて調理が行われ、関係者の有志で試食が行われました。2日とも参加しましたのでその報告です。

 

岐阜市は給食の調理をこれまでの自校式から共同調理場へと移行を進めています。共同調理場での調理は境川、中央中学校に次いで3校目となります。

 

170329_1418~02.JPG

 

3校ともこれまでの床に水を流して清掃するウエットシステムではなく、水を使わないドライ方式をとりいれています。

 

今から21年前の1996年に、岐阜市の小学校で学校給食による集団食中毒「O157

が発生し、345人の患者がでました。こういったことから感染を防ぐためにこのドライ方式を取り入れたということです。

 

調理場視察での説明では床のことだけでなく、手洗いの徹底、それぞれの作業ごとに担当する人を決め、他の作業にはタッチしない。作業ごとに部屋が区切られ、通行できない設計になっています。また学校が街中にあることもあり、周辺の民家への配慮から消臭率70%というアクアクリーンシステムが天井につながる壁沿いに設置されていました。

 

170329_1418~01.JPG

 

 

170329_1419~01.JPG

 

調理・配送とも魚国総本社への委託です。来週月曜日から長良中学校(407人)長良西小学校(731人)の児童生徒、職員の方達がここで作られた給食を頂くことになります。

 

4日の試食の魚(さわら)にはみごとに骨が抜かれていて、またお浸しは茹でた後、急速に冷却したものでシャキシャキとして美味しかったです。細かい配慮を感じました。

 

170404_1213~01.JPG

 

私の小学校時代はじゃがいもやニンジン、玉ねぎがゴロンゴロンと半分ほどに切られたままのごった煮やクジラの固い肉が多く、また私は苦手でしたがユニセフ提供の脱脂粉乳が毎回出されていました。そうそう食器も家からもっていきました。家へ帰るまで食器袋が匂っていたのが思い出です。そうコッペパンを達磨ストーブの上に皆でワイワイ騒ぎながら乗せて焼いたり、衛生面からいったら???

 

給食室から漂ってくるおいしそうな匂いにワクワクした記憶もあります。そして調理の方に触れる機会も普通にありました。

 

今回の視察で思ったのは調理して下さる方々との気持ちの交流の場をどこかで

設けて頂きたいということです。「私、食べる人」とだけにならないよう、料理を作ってくださる方への感謝の気持ちを自然な形で表すことができる機会をと思います。

 

 

 

 

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 23:20| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

音声認識(UDトーク)の普及を

 

      

スマホ(タブレット)の機能も発達してきています。このスマホのアプリに聴覚障がい者のコミュニケーションを支援するUD(ユニバーサルデザイン)トークがあるのをご存じですか?

 

UDトークには、音声認識による字幕表示、多言語翻訳(日本語外国語、外国語日本語)、音声読み上げ、などの機能があり、様々な人や場面でのコミュニケーション支援が出来るアプリです。

 

例えば教育現場では、聴覚障がい、視覚障がい、発達障がい、学習障がい、外国籍の生徒など、さまざまな児童生徒への支援が期待できます。そのため、学校や市の施設での導入が進めばと願っています。

私がこのUDトークを知ったのはUDトークサポート養成講座の講師を依頼されたのがきっかけです。発声、発音が間違っていると文字化も間違ってしまうので、話した内容をその場で「リスピーク」するサポーターも必要になるケースがあり、発声、発音を正確にするための研修にしたいとのことでした.

 

 アナウンサー時代の研修教材を使って交流も含めた研修会となりました。参加されていたのはお子さんが難聴であったり、またご本人が中途難聴者で、手話を習得するのが難しい方、また要約筆記の活動をしている方、大学で福祉を専攻している学生も何人かいました。

休憩時間には自然に円座になって率直な思いが語られました。

 

聾学校へ通う小学2年生の難聴のお子さんの親御さんからはお子さんの日常を伺いました。娘さんは普段テレビも映画も字幕付きで見ていて、読書も好きだということですが、この子にとって一番わかりやすい方法は補聴器での音声に対応した字幕が付くことで、手話では十分な理解ができないと話されました。

 

またもう一人のお母さんは、親、あるいは教員が手話通訳して小学1年生の娘さんに情報を伝えているが、手話通訳ではある程度は情報が得られるが、その情報が残らないため、後で確認することができず、困っているとのことでした。

 

UDトークを使うと文字により情報が得られ、読み直すこともでき、聴覚障がいの子の学習意欲につながると、導入への期待を述べられました。

 

難聴障がいの方は国内で数百万人以上いるといわれています。また聞こえの状況は千差万別で筆記や手話、要約筆記だけでは不十分であること、スマホのアプリの高品質化が進む中、まずは教育の現場でのUDトークの導入の早期実現を働き掛けていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む
posted by 高橋かずえ at 15:00| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

ノルウェ―視察報告D小学校

 きょうはオスロ市内のグルーネ・ロッカ小学校視察の報告です。
小学校訪問後に、オスロ市庁舎内のノルウエ―教育委員会でノルウエ―の教育について伺ったことをまずご紹介します。教育の目標は1、男女平等2、民主主義3、幅の広い考え方ができるように。
また、外国の人(移民の人を含め)や障がいのある子と仲良くわかりあいながら、いたわりの心を育てたい。満6歳からの小学校、そして15歳、中学卒業までの10年間が義務教育。授業料は無料、3~4%が私立。ノルウエ―全体でケアが必要な子が8%いる。
高校は全員が入れる。25歳まで。普通高校は3年。職業高校は1年が実践2年が理論課程。95%高校へ行くが25%が卒業できない。小学1年で25%の子がノルウエ―語ができない。児童福祉課、親との連携を大事にアドバイスしている。
 中学8年生から評価するのは子どもたちに本当の学力をつけてもらいたいという意図で。レベルを見るために5年生、8年生、10年生で統一テストを行っている。学力という言葉の前に、男女平等、民主主義の大切さを学んでほしいという教育目標にノルウェ―の堅実さを感じました。
視察先の小学校での教科書に男女平等をテーマにしたわかりやすいイラスト集があり、性の問題もまっすぐにオープンに人間としてのあたりまえのこととしてとらえて子どもたちに伝えようという意図がよくわかりました。
IMG_2366.JPG
IMG_2369.JPG
IMG_2373.JPG
4年生の社会の時間に「人権」の大切さを話しあった後、思うことを自由に生徒が描いたイラストを担任の先生が見せて下さいました。性同一性障害の人たちのことをよく理解しているイラストやその人たちが理解を訴えるデモを表現するものがありました。この学年での理解の深さにびっくりしました。日本の教育との違いを感じました。「心を育てる教育」学ぶことが多くあります。
IMG_2465.JPG
IMG_2462.JPG
IMG_2463.JPG
続きを読む
posted by 高橋かずえ at 21:22| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする