2018年12月14日

さよなら原発パレードinぎふ

福島原発事故後、脱原発を目指して20116月から3ヶ月ごとに「さよなら原発パレードinぎふ」を実行委員会の仲間と共に行ってきています。

31回目となった129日の今回のテーマは

「フクシマ原発事故、避難者の苦しみ 今も」

やめよう原発!とめよう再稼働!

JR岐阜駅南の清水緑地を出発し、市内1.2`をパレードしました。出発前の集会では福島県南相馬市から避難し岐阜、愛知で生活をしているお二人が事故から7の思いを率直に話されました。



ご了解を得て全文を紹介させて頂きます。



岐阜県の皆様には震災直後から 見ず知らずの私たち家族に暖かく接していただき ご支援をいただき 心から感謝しております。いつもいつもありがとうございます。



私は福島原発訴訟愛知岐阜の原告になっております。

先月末 原告本人尋問は終了しました。

ここにおいでの方の中で 尋問の傍聴に行ってくださった方もおられると思います。

緊張と不安で証言台に立つ私たち。傍聴席に座る方々の応援が頼りでした。この場を借りて名古屋までおいで下さった方々や関心を持っていただいていた方に感謝申し上げます。


原子力緊急事態宣言はまだ継続中の日本で 原発再稼働などありえない。

原発稼働してからたかだか50年。

その間 日本国中に何基原発が建てられましたか?

たった50年動かしただけなのに 使用済み核燃料の管理が10万年ってどれだけ子孫に負担を強いるのですか?

私の自宅敷地内の土壌は平米あたり35万ベクレルの汚染が確認されています。

そこに帰って住めという国の方針に従わない私は 非国民ですか?



国の代理人は「どのくらいの線量なら帰りますか?」と聞きます。

これは空間線量の問題ではない。原子炉内でしか存在しなかった放射性物質が生活環境内にあるのです。我慢して受け入れろと圧力をかけてきます。

しかし健康被害は自己責任です。帰るなら自分で被爆を管理しろと。


農業再開のための住民説明会で住民からこんな質問が出ました。

「自宅から畑に行くのに林を通らなければならないが 林の線量が高い。どうしたらいいか」

環境省の官僚がこう答えました。「息を止めて駆け抜けてください」

なんのコントですか?毎日畑への往復に 息を止めて駆け抜けろと?なぜ除染を徹底的にすると言わないのか?こんな原始的な対応しかできないのに 帰れ帰れと言われます。


今年の夏 私の甲状腺に結節があることが確認されました。そして甲状腺自体も橋本病という聞いたことがない病気におかされていました。子供たちの甲状腺にも嚢胞があります。私は 初期被曝を疑っています。



この不安 誰が責任をとってくれますか?

この先 私の病状が悪化したらこの先 他の健康被害が発覚したら

ずっと不安を抱えたまま 生きてゆかねばならない。橋本病は完治しません。



ひとたび福井で もしくは浜岡で深刻なトラブルが発生したら ここ岐阜も無傷では済まないでしょう。

今の私は 未来の岐阜県民の姿なのかも知れません。

そうならないために もう原発は要らないときっぱり断りましょう。

ここにいる一人一人が 自分の意思を持って 原発再稼働は反対だと言い続けましょう。誰にも聞こえなくてもいい。大事なのは 流されないこと。



福島原発は震災後から全く変わっていない。むしろ悪化している。

増え続ける汚染水。行方不明の燃料デブリ。

そして 214人にもなってしまった小児甲状腺がんの患者。

未だに 誰も責任を取っていない原発事故の原因は解明されていない。

使用済み核燃料の最終処分方法はまだまだ開発されていない。

日本は原子力を手放すべき。原子力はもう破綻している。


その事を強く主張し 私のスピーチを終わります。

ありがとうございました。



原発事故損害賠償請求訴訟愛知岐阜の本人尋問、専門家証人尋問は名古屋地裁で11月に数日に分けて行われました。私は1116日に傍聴しました。



原告の皆さんは慣れない裁判所での発言にご自身を奮い立たせるような様子で避難に至った思い、そして国や東電への責任を訴えていました。育ち盛りの子どもに外で遊ぶなと言わねばならない放射線への恐怖を話される時には絶句されました。人ごとではなくこれが現在の状況です。



本人尋問が終わり、312日午後2時から結審です。裁判長宛てにハガキに一言意見を添えて投函を原発事故避難者の会・愛知が呼び掛けています。ハガキには原告のお子さんが描かれた笑顔の家族が載せられています。

(投函は2月末まで。問い合わせも原発事故避難者の会・愛知まで)
スキャン_20181214 (2).png
posted by 高橋かずえ at 02:58| 岐阜 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

白川町とUDトーク

7月1日PM11:48現在下呂市に雷注意報、そして避難指示が出されています。高山線は飛騨萩原~飛騨小坂間が土砂崩れのため不通となっています。被災されている方々にお見舞い申し上げます。

 この高山線の普通電車に乗って今日(7月1日)は白川町へ行ってきました。スマホの音声認識UDトーク」の機能ご存じですか?この機能を活用してコミュニケーションを支援しようと活動している白川町要約筆記サークル「あゆみの会」の招きでリスピーカー講座の講師を務めてきました。

IMG_6234.JPG

IMG_6237.JPG

リスピーカーとは話し手の言葉を正確に変換させる人のこと。このリスピーカーために基本的な発声方法と話し方をアドバイスするというのが私の役割です。昔取った杵柄、役に立てればとの気持ちと白川町の自然に魅かれ、でかけました。

あゆみの会の皆さんとは1年半前からの繋がりです。出会いがきっかけで去年の3月議会でUDトークを取り上げ、小中学校の難聴通級学級などで導入して頂けました。今回の講座は白川町役場の大会議室で行われました。

講座が始まる前にスタッフの皆さんと昼食。初めて出会う方もいらして、にぎやかに話がはずみました。

白川町の人口は6月1日現在8,393人,人口減が続く一方で移住者の方が増えてきているとのこと。(過去10年間の移住者数、56世帯、111名)最近関東から移住された方が新しい視点で町の魅力を作り出そうと話されている様子に新鮮さを感じました。

IMG_6241.JPG

 スタッフの方は全員が女性、仕事も家庭環境も違う中、どなたものびのびと発言され、壁のなさと、協力する和やかさに力強さを感じました。

子どもの数の減少、高齢化、地形から限られた産業しか取り組めないなど課題が目の前に差し迫っていながら、この明るさは何だろうと今も考えています。

一人ではなく皆で考え、できることを手分けして活動という形にし、つないでいく。気負いなく。できそうでできないことです。

障がいのあるかたも外国籍の人も、高齢者の方もスマホやタブレット機能を活用すれば繋がっていけるという確信がスタッフの皆さんにあるからこそと思いました。

IMG_6247.JPG

IMG_6243.JPG

IMG_6245.JPG

役所の車には「白川郷じゃないよ!白川町だよ」とありました。

“このユーモア!”れだな、白川町の魅力は…。と思い当たりました。また訪れたい町です。

IMG_6229.JPG

posted by 高橋かずえ at 10:51| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白川町とUDトーク

7月1日PM11:48現在下呂市に雷注意報、そして避難指示が出されています。高山線は飛騨萩原~飛騨小坂間が土砂崩れのため不通となっています。被災されている方々にお見舞い申し上げます。

 この高山線の普通電車に乗って今日(7月1日)は白川町へ行ってきました。スマホの音声認識UDトーク」の機能ご存じですか?この機能を活用してコミュニケーションを支援しようと活動している白川町要約筆記サークル「あゆみの会」の招きでリスピーカー講座の講師を務めてきました。

IMG_6234.JPG

リスピーカーとは話し手の言葉を正確に変換させる人のこと。このリスピーカーのために基本的な発声方法と話し方をアドバイスするというのが私の役割です。昔取った杵柄、役に立てればとの気持ちと白川町の自然に魅かれ、でかけました。

IMG_6237.JPG

あゆみの会の皆さんとは1年半前からの繋がりです。出会いがきっかけで去年の3月議会でUDトークを取り上げ、小中学校の難聴通級学級などで導入して頂けました。今回の講座は白川町役場の大会議室で行われました。

講座が始まる前にスタッフの皆さんと昼食。初めて出会う方もいらして、にぎやかに話がはずみました。

白川町の人口は6月1日現在8,393人,人口減が続く一方で移住者の方が増えてきているとのこと。(過去10年間の移住者数、56世帯111名)最近関東から移住された方が新しい視点で町の魅力を作り出そうと話されている様子に新鮮さを感じました。スタッフの方は全員が女性、仕事も家庭環境も違う中、どなたものびのびと発言され、壁のなさと、協力する和やかさに力強さを感じました。

IMG_6241.JPG

子どもの数の減少、高齢化、地形から限られた産業しか取り組めないなど課題が目の前に差し迫っていながら、この明るさは何だろうと今も考えています。

一人ではなく皆で考え、できることを手分けして活動という形にし、つないでいく。気負いなく。できそうでできないことです。

障がいのあるかたも外国籍の人も、高齢者の方もスマホやタブレット機能を活用すれば繋がっていけるという確信がスタッフの皆さんにあるからこそと思いました。

IMG_6247.JPG

IMG_6243.JPG

IMG_6245.JPG

役所の車には「白川郷じゃないよ!白川町だよ」とありました。

“このユーモア!”れだな、白川町の魅力は…。と思い当たりました。また訪れたい町です。

IMG_6229.JPG

posted by 高橋かずえ at 01:58| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

[母子健康包括支援センター」の開設、「産後ケア」事業について

岐阜市では妊娠期や子育て期までの人の不安や悩みに対し相談窓口をわかりやすく、また充実させようと、来月7から市内3か所の市民健康センター(中央、北、南)に母子健康包括支援センターを設置します。この窓口設置に際し、新たに3人の母子保健コーディネーターが配置されます。また医院の協力を得ながら宿泊を伴う産後ケアへのとり組みも始めます。

私は他市の女性議員と共に去年75に発生した九州北部豪雨の被災地、福岡県朝倉市を8月末に視察させて頂きました。

朝倉市の災害現地では被災された産後間もないおかあさんは赤ちゃんの夜泣きやぐず付きなどの気兼ねから避難所では過ごしづらく、うつになったりする方が多くありました。このため、地元の女性議員や民生委員、そして助産師さんなどが手分けして協力者を探され、休診していた産婦人科医院で「母子支援センター」を設置し、24時間体制で宿泊、相談をボランティアでされている状況を視察させて頂きました。

宿泊できる産後ケアの大切さを感じ、9月議会で岐阜市での取り組みを要望しました。

今回岐阜市で「母子健康包括支援センターの開設」「産後ケア事業がスタートすることに期待しています。

今後はさらに災害時における母子支援の充実も進むよう、また災害時に妊婦さんに気を付けて欲しいことを呼びかける情報提供も岐阜市で進めて頂きたい。そんな思いで今回の岐阜市議会6月議会(6月25日閉会)で質問、提案をさせて頂きました。

posted by 高橋かずえ at 16:49| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

主権者教育

選挙での男女候補者数の均等化を政党などに求める「政治分野における男女共同参画の推進法」が先月、施行されました。また成人年齢を引き下げる改正民法が6月13日に成立しています。

4年後に成人になる子どもたちへの主権者教育をスピード感もって進めなければならないと思います。

政治分野、まず投票率をみますと、日本は50%を下回る選挙が多くなっているなど選挙への関心が低くなっています。一方北欧のスウェーデンでは85%以上、若者に限っても81%の投票率で政治への関心が高い状況です。

各国の若者を対象にした内閣府の調査では「私個人の力では政府の決定に影響を与えられない」と思いますかという質問に「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた割合が日本では7割以上、一方スウェーデンの若者では4割程度にとどまっています。

スウェーデンの小学生高学年向きの社会科教育を日本語訳した本を見ますと、民主的な政治とは何か、独裁政治とは何かなど自分で考えることを促すことが柱になっていることを感じます。

日本では今年度から小学校で道徳が特別な教科となり、来年度は中学校でも教科化されます。政治の分野で日本ではなぜ女性が少ないのかという課題を含め、若者への主権者教育の在り方に無関心ではいられません。

posted by 高橋かずえ at 15:14| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

岐阜市の待機児童は?

 認可保育所に入所申請しても希望する保育所に入所できない子ども「待機児童」、厚生労働省の発表によれば平成29・10・1現在、全国で55,433人です。しかし潜在的な待機児童数はもっと上回るのでは?という見方があります。

岐阜市の待機児童の現状はどうか?平成30・4・1現在の数字を岐阜市の子ども未来部に聞きました。
  公立保育所は19ヶ所(網代は休園中)で2070人
  私立保育園は19ヶ所で2340人、(私立)認定こども園10か所1401人、
  (私立)小規模保育事業所 17ヶ所で293人、(私立)事業所内保育事業所 2ヶ所 22人
  合計で67施設で6126人となっています。
     *2年連続で休園している網代保育所は来年入園者があるのではとのこと。年齢を下げて1歳児からの
      募集になる見込み.

担当の方の説明では3歳児以上は待機児童はいないとみられるが、0才から3歳未満が施設で対応できていないとのことでした。これは岐阜市に限らない現状で、このため平成27年度から新しく小規模保育事業所が施設に加わりました。3歳未満児を6人から19人保育する施設です。国や市町村の助成があります。この小規模保育事業所や認可外保育施設の設置がここしばらく増加しているとのことです。

 働く女性の割合が2017年で全国で67.4%、7割近くなっていますが保育環境が追い付いていない中、小規模保育事業所や認可外保育施設では保育時間の幅を広げたり、地域枠で入所する子どもを通じて、地域との繋がりを深め、地域にとっても大事な子どもの居場所になっている所が多いと感じます。

 写真は岐阜市茜部の認可外保育施設「おひさまのゆりかご」です。0才から6歳が対象です。童話に出てくるようなワクワクするデザイン。中に入れて頂きましたが子どもの隠れ場所が随所にあって楽しい空間でした。
IMG_6154.JPG
posted by 高橋かずえ at 23:42| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

緑あふれる金華橋通りのオブジェ

 岐阜女子短期大学建築インテリア専修生による緑いっぱい金華橋通りのオブジェがメディアコスモス1階に展示されています。今月18日の日曜日までです。

この構想はもともと岐阜市の緑の基本計画から始まり、学生たちの思い、夢が盛り込まれました。

 

IMG_5782.JPG

 

オブジェの制作ではメディアコスモスからJR岐阜駅までの100分の1の地図をボードに貼り、その上に車道や歩道を載せていきました。車道の真ん中は緑の帯でつなぎ、美濃和紙で作った緑の木々が箱庭風に入れ込まれています。歩く楽しさを地図上で実現させ、街の活性化の手法を検討しようという研究です。

 

このワークショップは今回で3回目、長さもこれまでの最長で14bです。14人の学生が1bごと担当して制作し、繋げました。裁判所前には足湯コーナーがあり、争った後はゆっくり足湯で、のユーモアのあるコメントも案内の方から伺いました。またお花がいっぱい植えられていたり、カフェがあったり、図書コーナーもあります。

IMG_5789.JPG

 

IMG_5791.JPG

 

 

学生ならではの発想が楽しめます。暗渠で見えなくなっている用水の見える化もされていました。きれいな水をキーワードに岐阜の魅力を発信したいという積極性を感じました。

 

IMG_5790.JPG

 

県道に係ることですので時間はかかるかもしれませんが学生の皆さんが考えてくれた発想が実現化で生かされることを願っています。

 

posted by 高橋かずえ at 22:12| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

シングルマザーの子育て

ひとり親の人たち同士、気軽に集える場所にと「シングルマザーのホッとサロン」が岐阜市八代のNPO法人・仕事工房ポポロで毎月(原則)第一日曜日に開かれています。声掛けを頂き私も参加しています。

 

岐阜市だけでなく近郊の市町からの参加やシングルファザーの参加もあります。おひとりお一人の抱える問題の深刻さや、逞しさ、行政の子育て支援情報が行き渡っていないこと、行政への働きかけが必要なことなど毎回知ることが多いです。少しでも問題解決ができないかと一緒に活動しています。

 

そんな中、NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長赤石千衣子さんの講演会がこのホッとサロンの主催で217()ぎふメディアコスモスで開かれました。

 

30年以上シングルマザーと共に市民活動してらした赤石さんはその経験からシングルマザーになると子どもが不幸になるのでは…、世間はどう見るのか…など、多くの人が陥る悩みについて孤独感をエスカレートさせないようにと当事者の方に寄り添う形で話を進められました。

 

IMG_5730.JPG

 

また行政が進める就労支援はメニューが少なく、就職に中々繋がってない点や、別れた夫と子どもの面会交流のあり方、養育費のこと、児童扶養手当の説明など自立するための方策を多岐にわたって話されました。

 

 会場からは中学校の制服をリサイクルして低価格で販売するリサイクルショップを近近開きたいと話す当事者の方もいらして助け合いの心から起業にチャレンジするこういったことが広がっていくといいのにと思いました。

 

IMG_5726.JPG

 

 

 

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

「鷺山1769−2」

岐阜市鷺山の住所「鷺山1769-2の住所には230世帯があり、新しく「鷺山南〇〇」に変更されることへの岐阜市住居表示審議会15日開かれ委員として参加しました。

 

この一帯はかつて流れていた長良古々川の河川敷だったところを1947年ごろ岐阜市が県から買い受け一戸建ての市営住宅を建てて分譲しました。その時に番地変更をしなかったため広い範囲が同じ番地になったままになったという背景の説明がありました。

 

これまで消防自動車や救急車が目的地に着けないため救急の時不安であるなどの問題解消に向けての話し合いや手続きが進められ、審議会に諮られました。反対意見はありませんでした。

 

戦後焼け出されて多くの方が困っていた時代、職員の方達が建物の材料を仕入れるために自ら動いて下さって住宅ができたことなど、地元の方から紹介されました。ご尽力頂いた方々に感謝しています。

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

富山市 まちなか総合ケアセンター

 富山市は平成294月、中心市街地の小学校跡地に公共施設(まちなか総合ケアセンター)と民間施設(専門学校、カフェ、スポーツクラブ等)を集めた「総曲輪(そうがわ)レガートスクエア」を開設しました。

 

27日、岐阜市議会の高齢・少子化社会対策特別委員会で、このうち「まちなか総合ケアセンター」を視察させて頂きました。

 

このまちなか総合ケアセンターでは産後ケア事業、お迎え型病児保育事業、在宅医療に特化した診療所など、様々なサービスを包括的に提供しています。どの取り組みも市直営です。全て市直営ということに意気込みを感じます。

 

この中でも「お迎え型病児保育事業」の取り組みのきめ細かい配慮に伴走型で支える行政の姿勢を感じました。正式には「富山市お迎え型体調不良児保育事業」で保育中に子どもが体調を崩し、保護者が迎えにいけない場合、専任の看護師と保育士が同行し、かかりつけ医で受診した後、保護者が迎えに来るまで専用の病児保育室で預かるということです。保育時間は19:00まで。利用料金は2,000+交通費(タクシー代の半額)

 

この他産後4ヶ月以内のママと赤ちゃんが休養、宿泊できる「産後ケア応援室」心身の発達の遅れが心配される子どもへの早期支援を行う「子ども発達支援室」も設けられています。

P1070632.JPG

 

 

産後ケア応援室の使用料は24時間3食付きで7200円、和室洋室あり、ホテルのようです。

P1070634.JPG

 

 

富山市では今年度から子ども家庭部を新設し、妊娠から出産、乳幼児、青少年に至るまで切れ目のない子育て支援体制を強化していくとの説明を受けました。

 

岐阜市でも0才~成人前まで、切れ目のない支援体制への取り組み、岐阜市子ども・若者総合支援センター「エールぎふ」が2017年3月からスタートしています。富山市の取り組みからも学ぶことが多いと思いました。

posted by 高橋かずえ at 23:20| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする