2021年01月23日

核兵器禁止条約発効

核兵器禁止条約が2021年1月22日に発効されました。2017年に国連で採択されてから3年半、50カ国の批准という条件を満たし発効されました。核兵器の保有や使用のほか、開発や実験、生産、備蓄も禁じる国際条約で核廃絶への重要な一歩となります。

しかし、唯一の戦争被爆国の日本は、批准も調印もしていません。

22日には大きな鶴の折り紙を手に発効を祝う気持ちと日本の批准を求めて神田町でスタンディングデモに参加しました。

22hi .jpg

2021.1.22祝核禁発効A (002).jpg

また今日23日にはこれまで15万人余りの署名を集めたヒバクシャ国際署名岐阜県民の会から被爆者の願いを継承する岐阜県民の会を作った方たちの呼びかけで「核兵器禁止条約」学習会が日光コミュニティセンターで開かれました。

開会の挨拶で代表世話人の安藤征治さんは「政府は現実的に核軍縮を前進させる道筋を追求するのが日本の立場で『橋渡し役』といった言葉で表現しているが曖昧にしてはいけない。」と核軍縮へのリーダーシップが必要と訴えました。

安藤さん.JPG

学習会で、日本被団協事務局長の木戸季市さんは「2021年は被爆・戦後76年、日本被団協結成65年の年です。私の誕生81年目でもあります。被爆者の願いは『再び被爆者を作らないこと』です。高齢化した被爆者に残された時間はわずかですが若い人たちに核兵器禁止に関心を持ってもらうことに今後、力を尽くしたい」としっかりとした口調で話されました。

23日@.JPG

23日A.JPG

私も次の世代の子どもたちにどんな言葉で伝えられるのか考えていきます。

posted by 高橋かずえ at 23:23| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: