2014年01月30日

選挙戦5日目


今週月曜に始まった選挙戦、忙しくとも、ある意味規則正しく毎日が過ぎ、きょうはもう5日目となった。

街中での演説も傘をさしながら…。今回の出馬は突然に決めたためボランティアスタッフの方が少ない。きのうから選挙カーには、運転手さんと私のみ。

声が嗄れてはいけないとの配慮で、娘がカセットテープにメッセージを入れてくれた。何とでもなると強気で思っていたが、やはりこのテープに助けられている。

選挙カーが交差点や学校、病院近くに近づくと、音声を低くするか切る。街中での演説では、マイク操作に切り替える。普通、候補者は助手席に乗っているが、私は自分でテープ操作するため後ろの席で忙しく動く。

こんな手作りの選挙だが、庶民(私は年金生活者)でも、組織が無くても選挙でがんばれる見本になればとも思う。

2015年度の介護保険改革で、サービスが低下しないかという高齢者の不安に沿うために、出馬の気持ちを固めた。

キャッチフレーズは、

介護でお困りの方のお役に立ちたい!」「ハートのある福祉づくり」

この思いを訴えながら、今日も市内を回った。

雨の中の辻立ちの時傘をさし掛けて下さった方、ガラスの窓ごしに涙を浮かべて聞いて下さった90代位の高齢者の方、私も思わず、胸がいっぱいになって声が続かなかった。

歳を重ねて生きていくことに気兼ねし、ひっそりと暮してらっしゃるお年寄り、衰えていく健康に不安を感じながらも弱気を表にださず、頑固な人と周りの人に思われ、孤独な人。また介護をされている家族の方々。

高齢社会は中々厳しい、心のケアも必要です。

「高齢者の笑顔が岐阜市のシンボルになるよう、高橋かずえ、力いっぱいがんばります。」

若い人のためにも、高齢者が生き生き暮らせる岐阜、そんな岐阜市を目指して、議会に多くの政策を提案していきます」

「介護でお困りの方、皆様の代弁者として高橋かずえを議会に送って下さいますようお願い申し上げます」

市会議員4年の経験を生かし、皆様のお役に立ちたいと願っています。補欠選挙で得られる議員年数は1年です。この1年が今後の介護サービを決めます。介護の現場に関わっている、福祉を学び続けてきた(日本福祉大学通信教育部を去年3月卒業)高橋かずえ、ハートのある福祉づくりにがんばります。」

あと残る選挙戦2日、市内あちこちでしっかり訴えていきます。

ご支援よろしくお願いします。

前 岐阜市議会議員 高橋和江 公式ホームページ 
http://www.gifu-tanpopo.jp/


140130_2020~03.JPG

支援の方から届られました。多くの皆さん!励ましのメッセージありがとうございます!!!

posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さきほどコメントで交通ルールの事で注意させてもらったものです。
コメントを消すとはどうゆうことですか?
政治家以前に人としての人格をうかがいます。
Posted by at 2014年02月01日 23:12
最初に市会議員に当選された選挙の頃から応援しています!高齢者や子育て世代にやさしい岐阜を目指して、ぜひがんばってください、ご健闘をお祈りしています。
Posted by 中上恵美子 at 2014年02月02日 12:14
惜しかったですね。でも、次回は必ず当選してください。 かずえさんほど誠実に市民のために働ける人が現役のなかで何人いるのか? これからも頑張ってください!
Posted by at 2014年02月04日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック