2012年12月14日

岐阜市議会傍聴記@


岐阜市議会定例会の質疑・一般質問(今月5日から7日)と、委員会、そしてきのうの閉会を傍聴しました。

内容についての詳しいことは岐阜市のHPでどうぞ。

私の雑観を書かせて頂きます。

衆議院議員選挙選もまった只の中、所属する政党色がよく分かる場面が多くありました。

きのうの表決で大飯原発断層調査に関する請願は賛成少数で不採択、敦賀原発1号機、美浜原発1・2号機の40年は廃炉の厳格な適用を求める意見書も賛成少数で否決されました。

福島の原発事故の教訓は無視されたということ。「命」の重さは?と真正面から、賛成しなかった、できなかった議員に聞きたい。「人」としての感情は?

何よりも優先するものが「命」だと思う。地球環境保全も含めて、動物や植物、微生物、生き物の生命力を破壊する放射能の恐ろしさを皆知っているのに…。なぜ?

勇気の中身は人によってこんなに違う。でも変われるのも「人」。素朴にしがらみを離れた肉声で互いに分かりあえたらと願うだけ。落ち込みの雑観です。

posted by 高橋かずえ at 17:28| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック