2012年05月14日

竹の生活文化展

阜市のてつめいギャラリーであす15日(火)まで開かれている「竹の生活文化展」に行ってきました。この展示会は竹文化振興協会岐阜支部の主催で15回目の今回は「竹で絆」をテーマに会員35人の200点の作品が披露されています。

この会には親しくさせて頂いている方もいて、近況を伺いながら作品を楽しませて頂きました。写真で少し紹介させて頂きます。

120513_1350~02.JPG
堀田 博門氏


120513_1350~01.JPG
花六つ目盛籃

この作品は岐阜市今沢町「岐阜竹の店」三代目、竹遊斎襲名、堀田博門氏の作品で6ヶ月かけて作られた繊細な伝統芸術品です。

堀田さんはお店で黙々と作品を作ってらっしゃいますが岐阜への思いが深い方です。、何とか岐阜の伝統芸術を広げたいと熱い思いをもっていらっしゃり、気さくに話して下さいます。お店は市役所北、長良橋通りに面しています。東海伝統工芸展大賞受賞など数々の伝統工芸展で入賞、入選してらっしゃいます。

120513_1356~01.JPG
表みな子さん

竹取り物語をテーマとしたコーナーは表みな子さんの作品です。今年はことのほか、竹の生育がよく、私は新鮮な竹の子を毎日のように頂いています。私のように食材としてしか竹をとらえられないのではなく、メルヘンの世界に心をはせれる心のゆとりを、表さんの作品から感じました。

120513_1402~01.JPG

120513_1357~01.JPG

この書は尾鷲市土井の孟宗竹の竹の皮に金粉で書かれたものです。

作品展はあすまで。きょうは午後4時半まで、最終日のあすは午前10時から午後3時までです。
posted by 高橋かずえ at 14:07| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック