2011年12月08日

サラマンカの第九


12月10日
、今度の土曜日にサラマンカホールベート―ベンの『第九』「喜びの歌」を200人の仲間と共に歌います。

9月26日から毎週月曜日、夕方からの練習を重ねてきました。

なんといっても音響もよく評価の高いサラマンカホールで毎回練習ができたことは光栄でした。

指導して下さる、山口敏昭指揮者や井上博嗣氏の「一人ひとりが、ソリストの意気込みでと堂々心をこめてと歌うこと、それが感動をよぶ」との言葉に励まされて、いい気持ちで声を出させて頂いてきました。

岐阜カンマーオーケストラ+名フィル有志の方によるオーケストラとのリハーサルをあす行い、本番を迎えます。

いつも出口裕美子さん、中田麻衣子さん田口悠佳里さんによるピアノの伴奏で練習させていただいてきましたが、(音色にいやされて時々歌うのを忘れることがありました。)オーケストラのメンバーの方の演奏と共にうたえるのは身震いのするほどの感激です。

1年いろいろのことがあっても多くの人と感動を共にし、前向きに生きようと心に熱いものを甦らせてくれる「第九」です。

当日は観客の方との対面で心を通わせながら歌えると思います。

また第1部で歌う、佐藤眞さん作曲「大地讃頌」福島原発の事故で汚染された大地への詫びる気持ちと今後の被災者への支援への気持ちもこめ歌います。

「今こそ希望を歌おう!」のタイトルのもと参加させて頂け感謝しています。


* プログラムにはオペレッタ「ジプシー男爵」もあり幅広い方に楽しんで頂けると思います。


12.10(土) サラマンカホール  開演は午後3時


お問い合わせ ふれあい福寿会館 TEL 058−277−1110
posted by 高橋かずえ at 11:41| 岐阜 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行きたかったのに残念ですが、またお話だけでも聞かせてください。
私のPCもようやく復活しました。
Posted by garou-neko at 2011年12月08日 16:02
裕美子様

つまずきながらもなんとか1日分やれました。
ご指導のおかげです。こんなことができる日がくるなんて思っていませんでした。
充実感があります。根気よくアドバイス頂きありがとうございました。
自分にごほうびでDVDを借りてきて見ているうちに眠っていました。では今からもう一度本格的に寝ます。おやすみなさい。
Posted by 高橋かずえ at 2011年12月09日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック