2011年09月26日

サラマンカ第九演奏会(12/10)の練習初日


私のエネルギー源は第九を歌うこと。しかしもちろんソロではありません。合唱隊の一員です…。


今年はラッキーなことに、8月の岐阜メモリアルセンターでの3000人の第九合唱演奏会に続き、12月10日のサラマンカ第九演奏会にも参加できることになりました。

指揮は、平成20年から未来会館の「第九」公演を指揮されてきた、山口敏昭氏。

練習初日のきょう、山口さんの挨拶で、「この曲に暗い所はありません。楽しく歌って下さい」のメッセージがありました。月曜日ごとの練習が楽しみです。

ベートーヴェンは26歳の時にシラーの詩「歓喜に寄す」に感動し、30年余をかけて交響曲第九番二短調作品125として1824年に完成させています。

「人類愛、世界平和」をイメージした曲です。

まっすぐにこの気持ちを歌に託します。

9-26.jpg





























posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック