2011年09月22日

岐阜市議会 田中市議質問「原発事故へ対応について」


きょうは岐阜市議会、9月定例会の一般質問の傍聴をしました。


無所属クラブの田中成佳議員の質問のうち、

「東京電力福島第一原子力発電所の事故への岐阜市の対応」

についてお伝えします。


 

【細江市長への質問】

@   原子力発電の廃止を求めるが市長の見解は?

A   被災地からの災害廃棄物の受け入れについて、岐阜市長として市民の安心・安全を守る立場をはっきり示すべきだと思うがいかがか?

B   食品に対する放射線被害を最も受けやすい乳幼児や児童を守るため、保育所や学校給食等の食材への放射線チェック、産地のチェックはどのように行われているのか?また今後の監視態勢は?



 

【市長からの答弁】

@   一刻も早く自然エネルギーへの転換が必要だ。しかし(電力として)原発に依存している部分もあることを認識した上で現実的な対応をすべきと思っている。

A   被災地からの災害廃棄物が汚染されているかどうか国が徹底的にチェックすることが前提で、国民的な議論がされた上で国が判断することだと思っている。

B   市場に流通している食品は放射性物質の暫定基準にあったものがでているのでそれを食材として使用している。今後の監視体制については有事の時にモニタリング体制を強化できるよう、今回の補正予算で放射性物質を検査する測定器を購入する議案を提出している。



 

田中議員の意図する市長の肉声はありませんでした。まっすぐに、

「市民の命を守るために私は…」

との市長答弁が聴けず私も残念に思いました。



posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック