2011年08月03日

県図書館への指定管理者導入廃止


今年度初めての、

岐阜県図書館協議会

が開かれ、私も所属する、

図書館の未来を考える会

のメンバー3人とともに、傍聴させて頂きました。


冒頭、鍋島県教育文化課長が、

「2008年から、県図書館の指定管理者制度導入を検討してきました
が、この制度を導入しても業務量が変わらず、また導入することに
より、混乱が起きることも考えられ、総務、管理部門での導入は
やめることになりました。」

との挨拶がありました。

わたしたちはそっと顔を見合わせ、お互いのほっとした気持ちを
分かちあいました。

 

県図書館への指定管理者導入の検討に対し、私たちの会では、
[岐阜県図書館をよりよくするために!]のテーマで、静岡市立
図書館の指定管理者制度を凍結させる運動をされた、草谷桂子さん
の講演会を開催するなど、学習を重ね、また図書館長との会談や
職員との懇談など、指定管理者導入への危機感からさまざまな
活動を重ねてきました。

県議会での質問もあり、また他の団体の活動もあり、今回の結果に
繋がった面があるのではと思います。


図書館への指定管理者導入反対の様々な意見は、県民に愛される
よりよい県図書館への期待感でもあると思います。

「応援団」として県図書館のあり方を見守っていきたいです。



 

posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック