2011年07月31日

「原水爆禁止2011年世界大会・科学者集会 in 岐阜」


岐阜市のじゅうろくプラザで開かれた、

原水爆禁止2011年世界大会・科学者集会 in 岐阜

に参加しました。

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20110801/CK2011080102000096.html?ref=rank


核兵器廃絶に向けて毎年開かれていて、今回は福島原発事故を受けて
原発や放射能汚染が主テーマでした。

報告者は5人。



この内、清水修二福島大学副学長は、

 - いつ終わるか分からない被害状況の中、地元住民のストレスは尋常の
   ものではない。

 - 「放射性ストレス症候群」と名付けさせて頂いた。

 - 情報のオーソリティを確立するのが今何よりも重要だ

と訴えられました。



また、松井英介実行委員長は、内部被曝で最も被害を受ける子どもたちを
守るための、今後の活動への呼びかけをされました。


被災者の心理、痛みに沿うことを忘れず、非核の世界をめざすことの
大切さが、報告者の肉声から会場の人々に伝わっていくのを感じました。

 7-41-松井英介実行委員長=岐阜市じゅうろくプラザ.JPG
 
 





















↑ 松井英介実行委員長


posted by 高橋かずえ at 23:00| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック