2011年07月19日

3000人の第九 練習会


台風6号の影響で、午後4時過ぎ頃から岐阜市内も風雨が
強くなってきました。

でも午後7時からの3000人の第九合唱の練習は、予定通り
行われるとのことで、会場の岐阜市民会館に行きました。

でもさすがにいつもの半分位、300人ほどの出席でした。

 

きょうは初めて本番の指揮者、井村誠貴(まさき)さんが来て
指導して下さいました。

生粋の大阪人。

堂々とした体格で、舞台から乗り出す感じで観客席の皆に
親しく大阪弁で声かけをしてくれました。

反応がないと、

「もう何かしゃべってくれへんと不安になるますがな。ズーと
僕一人喋らないきまへんか?」

と、笑いを誘って皆の心をとらえていきました。

今度の日曜日は文化センターの催し広場で、本番の
オーケストラ「岐阜県交響楽団」と約2,300人の合唱隊との
合同練習が、井村さんの指揮で行われます。

本番は8月28日、岐阜メモリアルセンターで愛ドームで
行われます。

http://www.gifujc.or.jp/2011official/60thjigyo/chirashi2.pdf

入場者と出演者の人数のバランスはどうなるのかな?

鑑賞者は無償で入場可能です!



井村さんは、

「被災地の皆さんへ、そして皆さんの隣の方へ心が通じるように、
フロイデ!友よ!と呼びかけ、歌ってくれはらしまへんか?」

と、今回の演奏会の意図を分かりやすく伝えてくれました。

笑いながらも指揮者と合唱隊?が汗をかきかき、午後9時まで
練習しました。

お腹すきました!!!

posted by 高橋かずえ at 23:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック