2011年07月15日

臼井敦子さん作品展「花と地蔵展―鎮魂の詩」  @空穂屋


私が日頃からお世話になっている、臼井敦子さんの作品展、

「花と地蔵展―鎮魂の詩」

がきょうから岐阜市の伊奈波神社近く、靭屋町のギャラリー&カフェ

「空穂屋(うつぼや)」

で始まりました。


臼井さんは、詩吟の吟舞道錦紅流代表を務める傍ら
地蔵絵などを手掛けられています。

臼井さんは、東日本大震災で犠牲になられた方達に心を
痛められ、震災の翌日
から地蔵さんを石塑粘土で、これまで
90体作られました。

7-15-2.JPG
















これらの展示の他、花と地蔵の写真に自作の詩を添えた作品も
展示されています。

7-15-3.JPG





















18日には祈りを込めた朗読と吟の会が開かれます。

(収益金は義援金として使われます。)

 

ざっくばらんなご性格の臼井さんにお逢いすると、いつも笑いと
元気を頂きます。

7-15-1.JPG
















すぐ親しくなれる方なのです。


「空穂屋」さんは、古い町屋を店舗に改造されたお店で、
これまでも奥まった場所にある蔵を利用して、ユニークな企画が
数々行われてきました。

骨董品や「和」の雑貨もあります。

オリジナルのドーナツもおいしいですよ。

      空穂屋  TEL  058-215-7077   

展示会は今月27日までです。

posted by 高橋かずえ at 23:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック