2020年05月22日

岐阜市生活福祉課のコロナ対策

新型コロナウイルスの影響での生活困窮者支援の様々な施策が各自治体で行われています。岐阜市役所南庁舎1階、生活福祉課の現場で伺いました。

このフロアーには@生活困窮者自立支援のための相談関係A生活保護関係の窓口が設置されています。4月10日、岐阜市に非常事態宣言が出される前からフロアーが狭く、三密の状態で早急な対応を要望してきました。

他の部の移動などで5月に入ってそれまでの3倍ほどのスペースとなり、相談ブースも10か所から15か所に増設されました。また今週(18日から)になって福祉部内から新たに4人、部外の職場から4人あわせて8人が増員され21人体制でスクラムが組まれています。

午後にうかがいましたが相談を待つ方はなく、来訪されるとすぐ窓口で対応して頂ける様子で安堵しました。ステイホーム、自粛が長かったこともあり、今後生活困窮への相談者が急増することが予測されます。市民に寄り添う体制に期待しながら職員の方々の健康管理も大切にと願っています。

なお、この課で受け持つ住居確保給付金について要件が緩和され、ハローワークへの求職申し込みが不要になりました。詳しくはお問い合わせ頂きますように。

生活🈩課.JPG

番二.JPG

困りごと相談.JPG

困っているこんなことで.JPG

を守りたいあなた.JPG

☎ 058-265-3777 岐阜市 生活・就労サポートセンターなどへ。

posted by 高橋かずえ at 23:26| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

畜産センター開園

岐阜市は今月16日、市独自の非常事態宣言を解除しました。野外施設の岐阜公園、そして長良公園など公園は昨日17日から開園しています。

このうちCSF(豚熱)の影響で2018年11月から閉園していた市畜産センターも1年半ぶりに開園しました。家畜が飼育されていたエリアは閉園のままですが芝生広場や多目的グラウンドなどは利用できます。

昨日の午後、畜産センターに行ってきました。汗ばむほどの気温ながら芝生広場では家族ずれの方たちが気持ちよさそうにスポーツや凧揚げ、そして芝生に寝転がるなど開放された表情で自然に溶け込んでいました。

しかし、1年半前と違って動物舎エリアは衛生管理区域として柵が設けられ中に入れません。現在乗馬クラブ用の馬8頭とロバ1頭以外の動物はいません。CSFのためこれまで連日多くの関係者が衛生管理を徹底させるため心身ともに厳しい作業をされました。この間の畜産家の方たちの経緯に割り切れない思いがします。

 畜産センターは指定管理になっていて今後の在り方について、岐阜市はまだ方向を示していません。市民の皆さんの思いをきめ細かく受け止める施策を一緒に考えていきたいと思っています。

看板.JPG

一番.JPG

凧揚げA.JPG

遊び水.JPG

禁止立ち入り.JPG

消毒.JPG

posted by 高橋かずえ at 20:02| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

配偶者からの暴力を理由に避難している方の特別給付金への配慮

いわゆる10万円給付金について先回のブログに続き、AとしてDV被害者への対応について今回ふれます。

この給付金はコロナ感染への支援金という形で各世帯あてに岐阜市では今月26日に申込書が郵送されます。給付も世帯主あて一括して振り込まれるシステムです。

このことでDV被害者の方にも確実に支援金が届くのか心配です。DVを受けその事情から、やむをえず、住民票を移動しないまま別居している場合はその状況を行政また支援団体などが確認している場合、転居先の自治体で受け取ることができます。この申し込みは4月30日が締め切りでした。しかし受付期間が1週間ほどで期間が短かったこともあり期間は延長されています。詳しくは担当の子ども支援課にお尋ねください。

この期間延長についてはDV被害者を支援する団体から国に要望書が提出され、配慮が強化された経緯があります。

一方、世帯主一括という制度になっているため被害を受けながら同居をしている方には当事者に給付金が渡るか心配です。別居中の被害者にも世帯主あてに給付された後の手続きの場合はどうなるのか担当課に併せて聞きました。

別居中の場合は世帯主からの返還を求めるとのことです。安堵しました。この世帯主が家族の分を一括して受け取る方式に非難の声が出ています。「すべて国民は、個人として尊重される」と憲法13条にあります。個人単位への制度設計に取り組んで頂きたい。ほかの件に関しても運用で可能な施策はとり急ぎ個人単位にして頂きたい。

DVの被害者は多くが女性、また世帯主は男性が多くを占めているという日本の戸籍の現状に女性の視点を入れて頂くことは重要と思います。

給付10万円.png

posted by 高橋かずえ at 12:46| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

新型コロナウィルス対策の現金給付について

 岐阜市特別定額給付金のオンライン申請をめぐって全国の各市区町村の窓口で混乱が続いているとのことで、岐阜市の現状を5月14日調べてみました。

 市役所1階の市民課の窓口へ伺った午後1時過ぎは数人の方が待ってらっしゃいましたが長蛇の列という感じではありませんでした。給付申請はオンラインか郵送か選択できます。オンライン申請は郵送を待たず、早く給付されるということで今月11日の申請開始から15日ま岐阜市ではでおよそ2700人の申請があったとのことです。ただオンラインの給付申請時に必要なマイナンバーと暗証番号を忘れた人などが困って窓口に訪れ込み合うことになっているようです。

 郵送申請書については今月26日に市内18万ほどの全世帯に普通郵便で送られます。給付金の申請は郵送で岐阜市福祉政策課で受け、給付金は6月上旬か下旬に各世帯ごとに振り込まれるとのことです。尚、急を要する方には今月21日消印有効(締め切り)ですが先行受付制度もあります。市役所、支所で本人証明を確認後申請書が手渡され、郵送で受け付けた後随時振り込まれます。

全て給付金のお問い合わせはコールセンター058-267-1515へ。受付時間は午前8時45分~午後5時30分(土、日、祝日を除く)

マイナンバー.JPG

非常事態.JPG

給付10万円.png

posted by 高橋かずえ at 11:09| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする