2020年03月10日

フラワーデモ名古屋

3月8日は国連の国際女性デー、当日の新聞には世界の複数の都市で女性の権利を求め、性差別の解消を訴えるデモが行われたとの記事が掲載されていた。

この国際デーに合わせ、この日、日本では性暴力被害者を守ろうとフラワーデモが各地で行われた。私は名古屋久屋大通公園の集会に参加した。思い思いの花を持った多くの女性が集まった。

花の美しさ華やかさの中で語られた登壇者の体験は父親からの性暴力からの逃げ場のない長い年月にわたる苦悩、10代の子は同世代の子から受けた性被害から2年たっての勇気ある発言だった。真摯に聞いてもらえる、配慮された安心な場所でのようやくたどり着いた安堵感が伝わる告白だった。随所で参加者からの励ましの声かけがあった。

性被害にあったことを人ごとにしない、寄り添う、共感する、その温かさと強さ毅然さに自分も参加できて自分の根底にかかわる思いを大事にしたいと思った。花をもって集まるという主催者の柔らかな心、配慮ある試みがこのデモの象徴と思った。

はがき大のカードに参加者が書いたメッセージがモニュメントのように数多く紹介されていた。

Kウイズゆう.JPG

7 .JPG

Hミモザの花.JPG

・ブログのみ本人.JPG

・ブログのみ性犯罪は暴力.JPG

ありえないL無罪.JPG

はさみ.JPG

Jはがき5.JPG

はがきB.JPG

*2017年に愛知県内で当時19歳の娘に性暴力を加えた父に1審判決で無罪判決がでた。この判決に対し性暴力に抗議する運動が各地で広がっている。フラワーデモはこれまでも47都道府県全域で自主的に行われてきた。今月12日に、控訴審判決が名古屋高裁で出される。

posted by 高橋かずえ at 13:45| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする