2018年02月18日

シングルマザーの子育て

ひとり親の人たち同士、気軽に集える場所にと「シングルマザーのホッとサロン」が岐阜市八代のNPO法人・仕事工房ポポロで毎月(原則)第一日曜日に開かれています。声掛けを頂き私も参加しています。

 

岐阜市だけでなく近郊の市町からの参加やシングルファザーの参加もあります。おひとりお一人の抱える問題の深刻さや、逞しさ、行政の子育て支援情報が行き渡っていないこと、行政への働きかけが必要なことなど毎回知ることが多いです。少しでも問題解決ができないかと一緒に活動しています。

 

そんな中、NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長赤石千衣子さんの講演会がこのホッとサロンの主催で217()ぎふメディアコスモスで開かれました。

 

30年以上シングルマザーと共に市民活動してらした赤石さんはその経験からシングルマザーになると子どもが不幸になるのでは…、世間はどう見るのか…など、多くの人が陥る悩みについて孤独感をエスカレートさせないようにと当事者の方に寄り添う形で話を進められました。

 

IMG_5730.JPG

 

また行政が進める就労支援はメニューが少なく、就職に中々繋がってない点や、別れた夫と子どもの面会交流のあり方、養育費のこと、児童扶養手当の説明など自立するための方策を多岐にわたって話されました。

 

 会場からは中学校の制服をリサイクルして低価格で販売するリサイクルショップを近近開きたいと話す当事者の方もいらして助け合いの心から起業にチャレンジするこういったことが広がっていくといいのにと思いました。

 

IMG_5726.JPG

 

 

 

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

「鷺山1769−2」

岐阜市鷺山の住所「鷺山1769-2の住所には230世帯があり、新しく「鷺山南〇〇」に変更されることへの岐阜市住居表示審議会15日開かれ委員として参加しました。

 

この一帯はかつて流れていた長良古々川の河川敷だったところを1947年ごろ岐阜市が県から買い受け一戸建ての市営住宅を建てて分譲しました。その時に番地変更をしなかったため広い範囲が同じ番地になったままになったという背景の説明がありました。

 

これまで消防自動車や救急車が目的地に着けないため救急の時不安であるなどの問題解消に向けての話し合いや手続きが進められ、審議会に諮られました。反対意見はありませんでした。

 

戦後焼け出されて多くの方が困っていた時代、職員の方達が建物の材料を仕入れるために自ら動いて下さって住宅ができたことなど、地元の方から紹介されました。ご尽力頂いた方々に感謝しています。

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

富山市 まちなか総合ケアセンター

 富山市は平成294月、中心市街地の小学校跡地に公共施設(まちなか総合ケアセンター)と民間施設(専門学校、カフェ、スポーツクラブ等)を集めた「総曲輪(そうがわ)レガートスクエア」を開設しました。

 

27日、岐阜市議会の高齢・少子化社会対策特別委員会で、このうち「まちなか総合ケアセンター」を視察させて頂きました。

 

このまちなか総合ケアセンターでは産後ケア事業、お迎え型病児保育事業、在宅医療に特化した診療所など、様々なサービスを包括的に提供しています。どの取り組みも市直営です。全て市直営ということに意気込みを感じます。

 

この中でも「お迎え型病児保育事業」の取り組みのきめ細かい配慮に伴走型で支える行政の姿勢を感じました。正式には「富山市お迎え型体調不良児保育事業」で保育中に子どもが体調を崩し、保護者が迎えにいけない場合、専任の看護師と保育士が同行し、かかりつけ医で受診した後、保護者が迎えに来るまで専用の病児保育室で預かるということです。保育時間は19:00まで。利用料金は2,000+交通費(タクシー代の半額)

 

この他産後4ヶ月以内のママと赤ちゃんが休養、宿泊できる「産後ケア応援室」心身の発達の遅れが心配される子どもへの早期支援を行う「子ども発達支援室」も設けられています。

P1070632.JPG

 

 

産後ケア応援室の使用料は24時間3食付きで7200円、和室洋室あり、ホテルのようです。

P1070634.JPG

 

 

富山市では今年度から子ども家庭部を新設し、妊娠から出産、乳幼児、青少年に至るまで切れ目のない子育て支援体制を強化していくとの説明を受けました。

 

岐阜市でも0才~成人前まで、切れ目のない支援体制への取り組み、岐阜市子ども・若者総合支援センター「エールぎふ」が2017年3月からスタートしています。富山市の取り組みからも学ぶことが多いと思いました。

posted by 高橋かずえ at 23:20| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

岐阜県動物愛護ネットワーク会議・天谷隆美さん

 

 議会報告と意見交換を兼ねた高橋かずえ事務所での交流プラザ、今回は岐阜県動物愛護ネットワーク会議・役員の天谷隆美さんにお越し頂き、犬、猫をめぐる現状を伺いました。

 

 天谷さんからは引き取り手がなく殺処分される犬、猫の問題を何とかなくしたいと懸命に活動されている状況が伝えられました。またさまざまなきっかけから猫の多頭飼いがひどくなり、飼い主への精神的なフォローも必要な場合があることも教えられました。

 

 参加者からは

@ペットショップで売れなかった犬についての対応、行政は把握しているのか?

A野良ネコの避妊手術代への補助金、行政によって違うが岐阜市は?

B多頭飼い等、誤ったった飼い方で結果的に動物虐待になっている場合の行政の対応は?など幅広い質問や意見が出されました。

 

 岐阜市は平成291月に「岐阜市市民と動物の共生社会の推進に関する条例」を施行しました。災害時のペットの受け入れ体制などこれからの課題が多くあります。一方で多くのボランティアの協力があって、岐阜市は平成26年から犬の殺処分はゼロという状態が続いています。しかし猫の殺処分はなくなっていません。

 

きょう指摘されたことへの岐阜市の取り組みを見守りながら、私もこれらの課題に取り組んでいかねばと思っています。

posted by 高橋かずえ at 23:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする