2017年10月18日

下関市・次世代育成支援拠点施設(ふくふく館)

1013日(金)に山口県下関市「下関駅賑わいプロジェクト」を視察しました。

 

この事業は既存の施設と連携した拠点整備で駅前に新たな賑わいを生み出そうと、民間活力で「JR下関駅ビル」「シネマコンプレックス・立体駐車場」を整備し、市が駅前広場などの面的整備を行ったということです。

 

平成23年度から工事に着手し、JR下関駅ビルの開業は平成26316からです。

 

事業のうち次世代育成支援拠点施設(ふくふくこども館)はこのビルの3階フロア―にあります。ビルの中とはいえ、エスカレータの壁には下関市の人気料理、「ふく」(下関市ではふぐでなく「ふく」と皆さん話されます)のユーモアあふれる姿が壁いっぱいに描かれていて楽しい雰囲気をかもしだしていました。

 

業務は指定管理の委託です。6ヶ月児~就学前の子が対象で、一時預か交流スペース、プレイランド、相談室が設けられ、平成28年度までの3年間で63万人の方が来場されています。

 

岐阜市もこれから建設される高島屋南地区再開発事業に子育て支援施設を造る計画が進んでいるため、大変参考になりました。

 

P1070259.JPG

 

P1070256.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by 高橋かずえ at 12:02| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

広島県呉市の空き家対策

1012日(木)、広島県呉市の空き家対策を視察しました。

 

呉市は戦争中、海軍の街であったことから民家は山の中腹にかけて建てられた経緯があります。戦後、海軍の解散により、平地での民家居住も進められました。一方で人口減少や道が狭いことなどで山際の家や島嶼部は空き家が多くなり、呉市の大きな課題になっていました。

 

 この空き家対策として呉市では@平成17年から空き家バンクを設置A呉市移住希望者住宅支援事業として移住の場合最大100万円の支援をするなど取り組みが行われています。

 

 写真は呉市の市政だよりです。今年9月号には空き家実態調査とアンケートの紹介、また移住した方々のコメントが写真と共に紹介されています。その中でも学生シェアハウスに住む2人の学生が自治会にも入り地域と人々とのコミュニケーションを深めながら明るく暮らしている様子が印象に残りました。

 

岐阜市でもこの学生シェアハウスへの取り組みが始まれば地域の方にとっても活性化になるのではと思います。岐阜市の空き家対策の検討課題にして頂けたらと思います。

 

スキャン_20171017 (3).png

 

posted by 高橋かずえ at 07:09| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

福山駅周辺地区中心市街地の活性化

 

岐阜市議会建設委員会の行政視察で福山市、呉市、下関市を訪問させて頂きました。少し報告をします。

 

1011日の訪問先、広島県福山市では「駅周辺地区の中心市街地の活性化」の取り組みを視察しました。

 

福山市は駅近くに福山城が見られ、また駅に降り立つと色とりどりのバラの花が目に入ってきます。100万本のバラのお迎えです。

 

福山駅から歩いて10分程の商店街には、天蓋のアーケードに替わる、ハンモックのようなワイヤーで作られたアーケードが風揺らいでいて柔らかな雰囲気を醸し出していました。道幅も広くゆっくりあるきながらお店を覘くのが楽しかったです。(*写真ではワイヤーアーケードがわかりずらいかもしれません。)

スキャン_20171016 (2).png

 

歩行者道路には1軒1軒の軒先に目印のように植木とお花が植えられています。植木は福山市が植栽したとのことですが根元に植えられた花々がお店や住民の方の人柄を表している様で親しみが持てました。風俗街にあるような看板がないこともあってか明るさと、安心感もありました。

 

所々に市民の皆さんの拠点となっているカフェもあり手づくり品や、壁絵のアートもあり魅力的な空間でした。

posted by 高橋かずえ at 23:11| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする