2016年06月27日

ノルウェ―視察報告D小学校

 きょうはオスロ市内のグルーネ・ロッカ小学校視察の報告です。
小学校訪問後に、オスロ市庁舎内のノルウエ―教育委員会でノルウエ―の教育について伺ったことをまずご紹介します。教育の目標は1、男女平等2、民主主義3、幅の広い考え方ができるように。
また、外国の人(移民の人を含め)や障がいのある子と仲良くわかりあいながら、いたわりの心を育てたい。満6歳からの小学校、そして15歳、中学卒業までの10年間が義務教育。授業料は無料、3~4%が私立。ノルウエ―全体でケアが必要な子が8%いる。
高校は全員が入れる。25歳まで。普通高校は3年。職業高校は1年が実践2年が理論課程。95%高校へ行くが25%が卒業できない。小学1年で25%の子がノルウエ―語ができない。児童福祉課、親との連携を大事にアドバイスしている。
 中学8年生から評価するのは子どもたちに本当の学力をつけてもらいたいという意図で。レベルを見るために5年生、8年生、10年生で統一テストを行っている。学力という言葉の前に、男女平等、民主主義の大切さを学んでほしいという教育目標にノルウェ―の堅実さを感じました。
視察先の小学校での教科書に男女平等をテーマにしたわかりやすいイラスト集があり、性の問題もまっすぐにオープンに人間としてのあたりまえのこととしてとらえて子どもたちに伝えようという意図がよくわかりました。
IMG_2366.JPG
IMG_2369.JPG
IMG_2373.JPG
4年生の社会の時間に「人権」の大切さを話しあった後、思うことを自由に生徒が描いたイラストを担任の先生が見せて下さいました。性同一性障害の人たちのことをよく理解しているイラストやその人たちが理解を訴えるデモを表現するものがありました。この学年での理解の深さにびっくりしました。日本の教育との違いを感じました。「心を育てる教育」学ぶことが多くあります。
IMG_2465.JPG
IMG_2462.JPG
IMG_2463.JPG
続きを読む
posted by 高橋かずえ at 21:22| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする