2016年06月13日

ぎふメディアコスモス 引き渡し1年後の検査結果

 みんなの森ぎふメディアコスモスは去年7月オープンしました。引き渡し1年後の検査を行った結果が先月27日に発表されました。検査185項目のうち23項目、586ヶ所に不具合があったという結果でした。岐阜市の発表内容をインターネットで見ることができます。
実際の現場を見なければと7人の議員が視察を申し入れ、きょう2時間かけて案内して頂きました。主な個所を写真で紹介します。
まずは19回漏水があった原因と思われる屋上を見ました。きょうで3回目の屋上視察です。
IMG_2792.JPG
 中々水がドレイ(配水坑)までたどりつけず雨水がたまっている状態は変わっていませんでした。この雨水が排水できるようにと、太陽パネルを外して屋根面に樹脂を重ねて塗り、勾配を滑らかにするという作業を行っているとのことでした。正直「何だかねー」の感想です。
この畳、半畳程の1片のパネルは20s、これが1416枚屋上に載っています。2万8320sというわけです。
IMG_2787.JPG
IMG_2794.JPG
IMG_2782.JPG
屋根のでこぼこが樹脂を塗ったことぐらいで滑らかな勾配になるのでしょうか?一時は滑らかになっても又、あの重さのパネルを載せるのです。もういっそうパネルを外して毎日モップで雨水を流し落とすことにしたらと思いますがだめですか?世界的な建築家のデザインにモップは似合わない???だめ?
まあ、ともかくなりふりかまわず雨水対策を完璧にして欲しい。ズ―と雨漏りの対策をしなくてすむ方法を。まだ開館1年にもなっていないのです。今のうちに。メディアコスモスへの来場者が多く、人気があり、楽しそうな子どもの笑顔に逢えるのが楽しく、私も好きな空間です。堂々と自慢できるように、不具合対策、専門家総出で。もう一度言わせて下さい。なりふり構わず取り組んで!
では以下は他の不具合のご紹介写真です。
天井の横長のグレーの箱の中に防火シャッターが入っている。
IMG_2803.JPG
 
上のシャッターを受けるもの。検査時は故障で受けれずシャッターが閉まらなかった。
館内の展示ブロック。検査時、剥がれていた。
IMG_2804.JPG
北側のガラス壁。帯状の塗った部分が検査時、錆びていた。
IMG_2811.JPG
屋外の井戸の開け口。検査時、開かなかった。
IMG_2810.JPG
ひびが入ったガラス壁。入れ替えてあります。(1枚60万円)
IMG_2814.JPG
続きを読む
posted by 高橋かずえ at 22:30| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする