2016年06月12日

市民製作の甲冑で岐阜を盛り上げよう!

来年は織田信長が岐阜に入城し、岐阜と命名してから450年。これをきっかけにまちおこしを図ろうと岐阜市では様々な企画が準備されています。
こんな中、手製の甲冑を1年かけて製作し、来年秋の信長まつりに参加して祭りを盛り上げようと、甲冑づくりへの参加を呼びかける講座がきょう岐阜市のメディアコスモスで開かれました。
IMG_2758.JPG
IMG_2770.JPG
講師は関市在住の甲冑師、三浦一郎さん。きょう午前、午後の講座で20人が参加しました。この甲冑は鉄や皮、また漆も何回も塗り重ねて製作していくもので本格的なものです。
ほとんどの方がゼロからの出発となるので、所どころ三浦さんの手助けを頂きながら、デザインなどは自分のオリジナルを生かせます。
IMG_2767.JPG
三浦さんは関市では小中学校でで出前講座もするなど、関市に伝わる伝統の武具技術を多くの人に広げようと働きかけてらっしゃいます。今回は岐阜市版です、講座は7月3日スタートです。
先日、三浦さん宅へお邪魔してお話を伺い、甲冑も着せて頂いた私の勇姿?もすみません見てやって下さい。
IMG_2707.JPG
続きを読む
posted by 高橋かずえ at 15:55| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする