2015年03月28日

〜御鮨街道で地域おこしを〜高橋恒美さん

定期的に私の事務所で開いている交流プラザ、今回はNPO法人「笠松を語り継ぐ会」代表の高橋恒美さんをゲストに市民による地域おこしについて話し合いました。
まず、高橋さんの呼びかけで始まった御鮨街道ウォークについて歴史を振り返りながら話が進み、参加者からも街道の移り変わりについて子供のころのエピソードが紹介されるなど岐阜市の街の変化を知る機会にもなりました。
このウォークは毎年9月23日に実施されていて次回は7回目となります。
江戸時代長良川で採れた鮎をなれずしにして岐阜から江戸まで46宿を繋いで5日で運び、徳川幕府に献上しました。
この庶民が支えた行事を岐阜から笠松まで市民参加によるウォークで偲ぼうというものです。
このゥォークのユニークなのは沿道の自治会、まちづくり協議会が賛同して行っていることです。
高橋さんはボランティアや市民活動はまず、自分が楽しくないとダメ、人が動けばまちは元気になる。歴史を知ると景色が変わる等、ご自身の体験から感じることを話されました。
私もこのウォークの実行委員になっています。
最初は多くの自治会が一緒に点を線に繋げる行事の難しさを感じましたが、この繋げる観光をまた違う視点で広げていくことが岐阜市の新しい魅力を広げていくことになるのではと思っています。
岐阜市の特色あるお寺をめぐる観光、芭蕉の史跡を巡る観光などできないか考えているところです。
続きを読む
posted by 高橋かずえ at 00:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする