2014年09月24日

岩手県陸前高田〜石巻市雄勝町の震災復興状況

21日からきのう23日まで、東日本大震災後の岩手県、宮城県の復興の状況を駆け足ですが見てきました。
 
石巻市雄勝町の女性ボランティア「浜のおばちゃん」と支援の交流をけている岐阜市のグループの方たちのお声掛けを頂いての参加です。
 
バスでの3日間、初日は夕方出発し、車中で、睡眠、3日目の夜10時岐阜着、途中2時間ごとに休憩し、早朝には、地域のお風呂をお借りするなど、工夫が凝らされ、疲れもあまりなく家に戻れました。
 
私にとっては震災後、3度目の東北訪問です。
 
震災の4ヶ月後の7月、多くの方の義捐金を直接仮設住宅にお届けしたのがの1回目でした。どこも壊れた家屋、コンクリートのがれき、ぺしゃんこになった車の山の連続で言葉が出ませんでした。
 
そして翌年の2012年9月には岩手県で開かれた自治政策講座に参加し、前岩手県防災危機管理官の越野修三氏の案内で県内を視察させて頂きました。このときは建物の撤去にあわせて草原が広がり始めているという様子でした。
 
震災から3年半がたった今回、被害があったところでは大がかりな「かさあげ工事」が行われていて、蛸の足のようにのびたベルトコンベアーがまるで工場のような印象を与えていました。ひっきりなしにトラックがいきかい、砂ぼこりをあげていました。
 
以前も訪れた大川小学校近辺も堤防道路が改修され少し離れた農地では金色の稲穂が重くたれていてその風景を見ると、電柱が道路に横たわり車が通れなかった1回目の印象と重なり合いませんでした。児童74人が死亡したこの大川小学校でお参りをさせて頂きましたが慰霊に多くの方が訪れた以前と違い、最近は少なくなったとかで、この日も私たちのバスしか駐車していませんでした。
 
(大川小学校)
IMG_8040.JPG
 
IMG_8042.JPG
 
IMG_8051_1.JPG
 
IMG_8052_1.JPG
 
IMG_8054_1.JPG
 
IMG_8055_1.JPG
 
IMG_8056.JPG
 
 
被害にあった方たちの中では「うつ」になられる方がこの頃多くなり、人に逢うのを避け、家に引きこもる人へのフォローが必要だと、地元の方が話していました。そんな中、石巻市雄勝に住む柴田登美枝さんは地元の人たちが元気を取り戻してもらえるよう、民芸品のお土産つくりや、とれたての海産物の宅配販売を広げようと、「浜のおばちゃん」というボランティアグループをたちあげ、熱心に活動を続けてらっしゃいます。この季節、さんま、ホタテ、アワビ、ちょっと高級な海草まつもや、おばちゃんたちの手作りのお惣菜で歓待してくれました。
 
今回、柴田さんと出会え、私も岐阜のおばちゃんから預かった手作りのタワシやアクセサリーをお渡しでき、橋渡しができたのがよかったです。
 
(浜のおばちゃん方と)
IMG_8037.JPG
 
 
IMG_8038.JPG
 
(柴田登美枝 さん)   
 
この縁を大事に、岐阜と雄勝町との交流を広げれたらと思っています。
 
 
 
posted by 高橋かずえ at 16:45| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

厚生労働事務次官 村木厚子氏の講演「女性が自分らしく生きられるためには」

厚生労働事務次官の村木厚子氏の岐阜市での講演、「女性が自分らしく生きられるためには」を聞かせて頂きました。
 
あゆみだした女性の会(DV当事者支援を中心としたNPO法人)主催で開かれました。
 
資料を示しながら「少子化の進行と人口減少社会の到来」について分かりやすく、また笑顔を絶やさず話されました。説明の間には冤罪で拘置された話もさらりとされ、困難な状況でも、「今やらねばいけないこと」に集中して「寝ること、食べること、前向きに考えること」に努めた。それは子育てしながら綱渡りで仕事をしてきた体験が生かされたと女性ならではの視点でご自身を振り返っていました。
さまざまな状況で必死で生活をしている女性の立場を代弁してくれている気がしました。
 
IMG_7951.JPG
 
IMG_7949.JPG
 
 
 
そして拘留後、東北の被災地を訪れた時、被災者から「がんばって下さい」と多くの方に、声をかけられたエピソードに触れられ、支援されるだけでなく、反対の立場で人を励ますことができるのもその人の生きる力になる。お互い支え合うことが今回の事件を通して身にしみて感じたことだと琴線にふれる言葉を聞くことができました。肩書きはどこかに消えて、身近な方に思えました。
posted by 高橋かずえ at 08:51| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

さよなら原発パレードinぎふ 原発なくても大丈夫やて。

2011年6月から3ヶ月ごとに行っている「さよなら原発パレード」今回は岐阜市では定番の、金公園からJR岐阜駅前、ドンキホーテを左折して金公園に戻るコースでおよそ200人が参加して行われました。
 
11時からのパレードの前の集会では原発再稼働の現状やこの「さよなら原発ぎふ」が行った風船プロジェクト原発の立地場所近くから風船を飛ばし、その風船の落下から原発からの風向きを調査する)が島根、佐賀、静岡と広がって原発反対への交流が深まっていることなどが報告されました。
 
IMG_7905.JPG
 
IMG_7908.JPG
 
IMG_7909.JPG
 
 
 
このところの不安定なお天気がウソのような、晴天となり、先回の関市でのパレードから登場した張り子のトトロも軽トラックで到着し、パレードのマスコットとして子どもの心をとらえていました。
 
IMG_7917.JPG
 
IMG_7928.JPG
 
 
IMG_7916.JPG
 
IMG_7911.JPG
 
私は、写真を撮ったり、沿道の人達にチラシを渡しながら、そこに載せられた原発から250`圏内の日本地図を説明しました。岐阜県は福井だけでなく、浜岡等の圏内にも入ることをお伝えすると、真剣に地図を見て下さる方が多くいました。皆で声を合わせて呼び掛けた「原発ゼロでも電気は足りてる!」「子どもを守ろう!大人が守ろう!自然を守ろう!」が多くの人の気持ちに届いてくれるよう願っています。
 
IMG_7937.JPG
 
パレード14回目の報告でした。
 
 
posted by 高橋かずえ at 22:13| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする