2014年07月20日

関市寺尾で杉の木の間伐

私も所属している日本熊森協会岐阜県支部の活動として関市武芸川町寺尾での杉の木の間伐作業に参加しました.
 
 
IMG_7569.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森の保水力を高め、動物との共存できる自然を造りだしていくための一つの方策として間伐を会では3年前から取り組んでいます。
 
今回の場所は桜の開花時には多くの観光客が訪れる千本桜から少し北に行った緩い斜面の一角、ヘルメット姿で21人が協力し、23本を作業しました。
 
今回の間伐のやり方は皮むき間伐、別名きらめき間伐ともこの会では呼んでいます。のこぎりで木の根っこ近くに切り目を入れ、そこに竹べらを差し込んで幹から皮をむきます。
 
IMG_7572.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_7592_1.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_7592_1.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_7589_1.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30センチ程、浮かせて、皆で皮を持って一斉に上の方向に皮をむきます。この皮がはがされる時に一斉に「きらめき!」と声を合わせて力を入れます。
 
私は初めての実演でしたが、皮がはがされていく瞬間、真っ白な樹肌が目に入り、空高く光るようで、この「きらめき」の言葉に納得でした。
 
IMG_7586_2.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皮がはがされた木は次第に枯れ、1年半ほどたってから伐採することになります。あまり力もいらず、多くの人が参加できるこの間伐方法で山が守りやすくなるのではと思い、ブログで紹介させて頂きました。
 
posted by 高橋かずえ at 17:13| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする