2014年06月29日

福島県双葉町前町長・井戸川克隆さん講演会と松井英介医師との対談

東京電力福島第一原発事故を受けた福島県の首長の中でただ一人、町民の県外避難を実現させた双葉町の前町長、井戸川克隆さんの講演会が岐阜市の円徳寺で行われました。
 
この講演会は避難者の支援活動をする人達などの実行委員会で行われました。
 
井戸川さんは福島の原発事故は事故でなく事件だ。未だに国も東電も責任をとっていない。被害を受け、やむなく故郷を離れた人、健康被害が不安な人達など人権権問題として保障を訴え、権利を主張して当然だ。また福島の問題を人ごとにせず、一緒に行動しようと、力強く会場に呼び掛けられました。
 
井戸川さんは漫画「美味しんぼ」に実名で登場し、鼻血の症状などを指摘し、新聞紙上で、様々な意見が交わされました。同じく漫画に登壇した元岐阜大学助教授の松井英介医師との対談も講演に続いて行われました。松井さんは福島の現実を知らない人達が鼻血などは風評被害だと非難している、と怒りの気持ちを伝えました。
 
IMG_7527.JPG
 
IMG_7528.JPG
 
井戸川さんは国と東電の責任で、どこでもだれで受けることができる放射能健康診断を実現させるための署名活動への参加も呼び掛けました。
 
司会役の私は井戸川さんと講演直前まで打ち合わせをさせて頂きましたが、被曝を止めるために一身を捧げるというお気持ちがお話のそこここで感じられました。原発事故直後、情報がない中、町民の健康を思って避難指示をされたその判断に、真のリーダーシップを感じました。しっかりとお気持ちを受け止めねばと思っています。
 
posted by 高橋かずえ at 22:19| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

映画「架け橋」きこえなかった3・11

聴覚障害の人達が東日本大震災でどのように避難し、苦労されたのかを伝えるドキュメントの映画「架け橋」の上映会を実行委員の一人として取りくみました。
 
きょうの上映会には今村彩子監督も来て下さり、来場者120人に作品への思い、エピソードを話してくれました。
 
IMG_7514.JPG
 
IMG_7522.JPG
 
映画では聴覚の障害のために警報が分からず、避難が遅れ不安だった人々、避難所でも情報が受け取れず、苦労されたことが伝えられていました。「架け橋」になろうと笑顔を絶やさず活動される主人公の聴覚障害者を中心に、さまざまな聴覚障害の家族も紹介されています。皆さん、インタビュアーの今村監督に魅かれてか、親しみやすい表情で質問に応じてらっしゃるのが印象的でした。
 
上映後、今村監督を囲んで参加者との手話のやりとりが続き、涙ぐむ方も見られました。いざ災害の時、耳が聞こえない不安は如何ばかりかと思います。
 
この映画会に取り組むのと並行して私も岐阜市内の聴覚障害の方たちと意見交換を重ねています。避難時の要援護者救援に積極的に取り組んでいる本庄自治会連合会長にも途中から加わって頂いています。秋の防災訓練には聴覚障害の方たちに参加して頂き、地域の方たちとの連携が始まるのではと期待しています。
 
岐阜駅の改札口まで監督を見送りました。黒いリュックを肩にかけ跳ねるようにさわやかに階段を駆け上がっていく様子に監督としての意欲、自信を感じました。名古屋在住の監督が身近に感じられます。
またお逢いできますように!
posted by 高橋かずえ at 16:08| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

伊藤哲さんの公務認定を求める裁判傍聴

岐阜市職員の伊藤哲さんの自死に関し公務外災害認定処分の取り消しを求める裁判の第5回公判を傍聴しました。
 
11時の開廷後、およそ10分ほど弁護士から哲さんの仕事の過酷さえを伝える追加書面が読み上げられ、閉廷しました。 
 
その後弁護士会館で報告会が行われました。次回は10月16日に開かれるとのこと。裁判は膨大な資料、証拠、そして時間がかかるということを改めて実感しました。おかしいと思っても裁判をあきらめてしまう人も多いことと思います。無念な気持ちを抱え、今後、こういったことが起きない職場環境にしたいという思いで起訴されたSさんのお気持ちの重さを感じます。
 
伊藤さんは仕事が過酷でソフト面でも追い詰められていたことが弁護士から具体的に説明がありました。厚生労働省の集計では仕事でうつ病などの精神疾患にかかり、労災申請した人は2013年度、1409人と、過去最多で、そのうち過労自殺(未遂を含む)は63人でした。
 
数字の奥にはSさん同様、多くの家族、友人の方がやり切れない思いでいらっしゃると思います。傍聴しかできませんが今後も関わっていきたいと思っています。
 
posted by 高橋かずえ at 14:28| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

さよなら原発「集会&パレード」in中濃

未来の子どもたちに安全な地球を残したい!そんな思いで今回は中濃、関市で原発いらない・再稼働反対を訴える市民の手による集会、パレードが行われました。
 
2011年3月11日の福島第一原発事故後、3ヶ月ごとに「さよなら原発・ぎふ」が岐阜市で行ってきたパレードが、大垣市、各務原市、そして今回の関市と市民の繋がりで広がっていくのが心強いです。
 
短編映画「福島原発事故と甲状腺がん」を観たあと、5つの協力団体からそれぞれアピールがありました。
 
IMG_7372_4.JPG
 
IMG_7373_3.JPG
 
IMG_7386_1.JPG
 
IMG_7374_2.JPG
 
IMG_7376_2.JPG
 
IMG_7390_1.JPG
 
IMG_7393_1.JPG
 
IMG_7381_1.JPG
 
秘密保護法、集団的自衛権、政治の動きに流されることなくしっかり意思表示しなければと思います。
 
多くの人と理解を深め合う、その一つの形のパレード。気になっていた雨も降らず、アジサイが咲き始めようとている関市の豊かな自然を味わいながら参加しました。
 
IMG_7400_1_1.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_7397_1.JPG
posted by 高橋かずえ at 12:53| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

P.T.P.I.さくら岐阜ギニア料理講習会

岐阜市の国際交流ボランティア団体、P.T.P.I.さくら岐阜のよびかけで、ギニア料理講習会が西部コミュニティセンターで開かれました。
 
講師は県内各地の小学校を中心に英語の講師を勤めるギニア共和国のシーク カバさん。
 
40人ほど参加して、ギニアの日常食という、牛肉入りのピラフ、ピーナッツスープ、サラダづくりに挑戦しました。
IMG_7356.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG_7341.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シークさんは来日から7年を経ているとのことで日本語もよどみなく、汗だくになって各キッチンをまわって、料理のコツを教えて下さいました。
 
何よりも、持参のペーパーナイフを上手に使いこなし、まな板も使わず、肉から野菜まで切り刻む手さばきに感心しました。
 
ギニアでは性別に関係なく料理をすることが普通なのではと思いました。
 
ピラフに入れる牛肉の量の多さ、しっかり長時間、油で煮込ことに国の違いを感じました。
 
食を通じて、ギニアとシークさんに親しみを感じました。
 
IMG_7367.JPG
 
 
IMG_7362.JPG
 
IMG_7370.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 高橋かずえ at 09:28| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする