2014年05月11日

さよなら原発パレード次回は中濃で

2011年の3・11福島原発事故後、3ヶ月ごとに岐阜市で行ってきた「さよなら原発パレード」が大垣、各務原と場所を変えたりと、広がりつつあります。
 
次回は6月7日(土)初めて関市で行うことになり、2回目の実行委員会が関市で開かれました。
 
今回参加する会はせき・みの原発問題を考える会、原発ゼロをめざす加茂、原発を考える郡上市民の会、さよなら原発各務原、さよなら原発ぎふです。
 
出席者は今までの活動の報告や今回のパレードをどう広げていくのか、支援の在り方について、また風評被害という言葉で情報が正確に伝わっていないのではないかなど、それぞれの活動を背景に意見を出しました。
 
他の人の意見をまずは受け入れ考え、次のステップにする、大事な機会になったと思います。「参加しやすい雰囲気を作り、パレードを通じ多くの人に脱原発を広げたい」「福島の事故を風化させない」「次世代に責任をもとう」といことが一致した気持として確認されました。
 
その思いが表現されたチラシです。
 
6月7日(土)関市役所西側の関市わかくさプラザ・多目的ホールで午後1時半から短編映画「福島原発事故と甲状腺がん」の上映の後、市中パレードを行いますご一緒に参加しませんか?
IMG.jpg
 
posted by 高橋かずえ at 09:21| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする