2014年05月25日

罪を問われた障がい者の地域移行・定着の実践〜雲仙・虹施設長 前田康弘氏の講演

この長いタイトルの講演を羽島市で聴きました。
 
罪を犯した障がい者を表す、触法障がい者という言葉も恥ずかしながらこの講演会で知りました。もっと現状を把握しなければと思いました。
 
講師の前田康弘さんは障がい者が罪を犯してしまう社会的背景や、「普通に生活したい」という当事者の願いを一緒になって模索しながら活動してらっしゃる日常や、司法から福祉への移行がいかに必要かを具体的に話して下さいました。
 
福祉の視点がないまま長い期間拘束されてきた方々の思いを、静かな怒りとして言葉を選びながら話される前田さんの温かなお人柄が伝わってきて胸がいっぱいになりました。
 
厚生労働科学研究「罪を犯した障がい者の地域生活に関する研究」の2006年〜2008年度の刑務所のなかの実態調査で、知的障がい者や高齢者は全体と比べ、再び刑務者にもどってくるまでの期間が短いこと、療育手帳を持たず、帰る場所もなく、手だてのないまま出所して元の生活に戻り、同じように軽微な犯罪を繰り返しおこしてしまうということなどがわかりました。
 
社会会福祉法人として全国出初めて取り組んだ更生保護施設「雲仙・虹」のHPをぜひご覧頂けたらと思います。
posted by 高橋かずえ at 09:23| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

高齢社会をよくする女性の会・岐阜

高齢社会をよくする女性の会・岐阜の会合で、地域における高齢社会の介護をめぐる現状や課題について意見交換しました。
 
会員は県内全域のため地域の状況を知る機会にもなりました。
 
揖斐郡の人からは山間部が多く、介護施設、医院は中心の町に集中しているため、独居の高齢者が医療、介護を受けるために自分の家に住めなくなり、過疎化が進んでいることが報告されました。
 
介護と合わせ、空き家となった家の管理もあり、家族にとっての負担が大きく、今後の展望には行政の補助が必要で、待ったなしの厳しい現状は、県内全域の課題でもあります。
 
来年4月から介護保険の要支援1、2の家事支援や通所介護を介護保険から外し、特養ホームの入所基準を要介護3以上とすることなどが盛り込まれています。
 
それぞれの市町村に任される介護予防施策が住む地域によって差がでないためにも、国の動きに対し、この会からも提言ができるよう研修を重ねていくことを確認しました。
 
介護、福祉、医療の連携を密にし、そこに地域の人々が加わるシステム、地域包括ケアの在り方を探っていかねばと思っています。
posted by 高橋かずえ at 17:29| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

さよなら原発パレード次回は中濃で

2011年の3・11福島原発事故後、3ヶ月ごとに岐阜市で行ってきた「さよなら原発パレード」が大垣、各務原と場所を変えたりと、広がりつつあります。
 
次回は6月7日(土)初めて関市で行うことになり、2回目の実行委員会が関市で開かれました。
 
今回参加する会はせき・みの原発問題を考える会、原発ゼロをめざす加茂、原発を考える郡上市民の会、さよなら原発各務原、さよなら原発ぎふです。
 
出席者は今までの活動の報告や今回のパレードをどう広げていくのか、支援の在り方について、また風評被害という言葉で情報が正確に伝わっていないのではないかなど、それぞれの活動を背景に意見を出しました。
 
他の人の意見をまずは受け入れ考え、次のステップにする、大事な機会になったと思います。「参加しやすい雰囲気を作り、パレードを通じ多くの人に脱原発を広げたい」「福島の事故を風化させない」「次世代に責任をもとう」といことが一致した気持として確認されました。
 
その思いが表現されたチラシです。
 
6月7日(土)関市役所西側の関市わかくさプラザ・多目的ホールで午後1時半から短編映画「福島原発事故と甲状腺がん」の上映の後、市中パレードを行いますご一緒に参加しませんか?
IMG.jpg
 
posted by 高橋かずえ at 09:21| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする