2014年04月11日

女船頭 高橋由香子さん

所属している岐阜県ユネスコ協会の今月の例会の講師として鵜飼観覧船の船頭、高橋由香子さんにお越し頂きました。
 
以前、由香子さんの鵜飼観覧船に乗ることがあり、とても楽しかったので私が講師にお願いしました。
 
長良川の鵜飼は来月11日から開幕します。1300年の歴史がある鵜飼、岐阜市では「ユネスコ無形文化遺産代表リスト」記載へ向けて05年から「魅力アップ!長良川鵜飼文化の再発見事業」に力を入れています。
 
由香子さんは長良川に近い、金華校区に生まれ長良川を泳いで渡った子ども時代を過ごすなど、長良川が大好きとのこと。
 
平成11年に岐阜市が初めて女性船頭を募集した時に8人の女性船頭が生まれ、以来15年活躍されています。講演でも。120人の船頭(うち現在は4人が女性)は男社会で、初期のころは「女なんかすぐやめるやろ」と言われたそうです。でも毎日が勉強と自分に言い聞かせてがんばってきたと、さわやかな笑顔で話してくれました。
 
最近川底は変わってきて砂地が多くなり、漕ぎ方がむずかしくなったとのこと、逆に経験が生かせると話される様子に船頭魂を感じました。
IMG_7108_1.JPG
 
 
たまたま2人の女子高校性も会場にいて、熱心聴いてくれていました。由香子さんの積極性、大きな刺激になったと思います。由香子さんのような方が学校での課外授業をしてくれたら幅広い視野で仕事を捉えることに繋がるのではと思いました。
posted by 高橋かずえ at 12:18| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする