2014年04月19日

人権大賞受賞 岐阜・野宿生活者支援の会

故羽田辰男弁護士の遺志を受け継ぐ羽田辰男文化基金が岐阜市で「身近な人権を語る会」を開き、人権擁護の活動をしている団体の表彰が行われました。
 
今年の人権大賞はホームレス支援をしている「岐阜・野宿生活者支援の会」(岐阜市)に贈られ、代表の澤田一馬氏が表彰状を受け取りました。
 
140419_1810~01.JPG
 
 
この他岐阜朝鮮初中級学校の支援をしている「ポラムの会」(岐阜市)と東日本大震災で県内に避難・移住した子どもの居場所づくりと学習支援に取り組む「岐阜キッズな(絆)支援室」(岐阜市)に人権活動助成金が贈られました。
 
この3つのグループ活動に私も微力ですが関わっています。助成金はうれしく知恵を絞って普段、中々購入できないものに使われると思います。生きたお金の使い道の尊さを感じます。
posted by 高橋かずえ at 00:07| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

女船頭 高橋由香子さん

所属している岐阜県ユネスコ協会の今月の例会の講師として鵜飼観覧船の船頭、高橋由香子さんにお越し頂きました。
 
以前、由香子さんの鵜飼観覧船に乗ることがあり、とても楽しかったので私が講師にお願いしました。
 
長良川の鵜飼は来月11日から開幕します。1300年の歴史がある鵜飼、岐阜市では「ユネスコ無形文化遺産代表リスト」記載へ向けて05年から「魅力アップ!長良川鵜飼文化の再発見事業」に力を入れています。
 
由香子さんは長良川に近い、金華校区に生まれ長良川を泳いで渡った子ども時代を過ごすなど、長良川が大好きとのこと。
 
平成11年に岐阜市が初めて女性船頭を募集した時に8人の女性船頭が生まれ、以来15年活躍されています。講演でも。120人の船頭(うち現在は4人が女性)は男社会で、初期のころは「女なんかすぐやめるやろ」と言われたそうです。でも毎日が勉強と自分に言い聞かせてがんばってきたと、さわやかな笑顔で話してくれました。
 
最近川底は変わってきて砂地が多くなり、漕ぎ方がむずかしくなったとのこと、逆に経験が生かせると話される様子に船頭魂を感じました。
IMG_7108_1.JPG
 
 
たまたま2人の女子高校性も会場にいて、熱心聴いてくれていました。由香子さんの積極性、大きな刺激になったと思います。由香子さんのような方が学校での課外授業をしてくれたら幅広い視野で仕事を捉えることに繋がるのではと思いました。
posted by 高橋かずえ at 12:18| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

岐阜まつり

毎年4月の第一土、日には伊奈波神社の例祭、岐阜まつりが行われます。
 
土曜の夜の宵宮には4台の山車(安宅車、青影車、若戎車、踊山車)が神社前に曳きそろえられ、からくりの奉納が行われます。
 
最近は祭りを盛り上げようと、他県からも神輿グループや太鼓チームも参加し、多くの人で賑わいます。
 
山車のうち安宅車は金華校区の町内が毎年順番に当番になり、山車を曳きまわします。特色はお囃子が全て生で演奏されることです。1月から子どもたちは夕方から近くのお寺で太鼓の練習に励み、大人たちは笛や鼓、そしてからくりの練習に真剣に取り組みます。
 
今年は私の事務所のある町内も当番になり、2日間、ご近所の皆さんと山車の綱を曳きながら、「ヤーヤー」の掛け声を威勢よく出して、伊奈波神社周辺の町内を回りました。2日間ともお天気に恵まれ、桜も満開で普段接する機会が少ない、町内の方たちとお話もでき、また子どもたちも元気よく参加してくれて、祭りのよさ、楽しさを味わえました。
IMG_7067.JPG
IMG_7083.JPG
IMG_7095.JPG
 
災害の時も地域で支え合あわないと被害は拡大します。お互いを知るいい機会ともなりました。
posted by 高橋かずえ at 10:28| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする