2014年03月28日

手話言語法をめぐって

19日閉会した岐阜県議会「手話言語法制定を!」の意見書案が可決されました。
 
背景を知りたく、聴覚障がいの方たちのグループを訪ねました。
 
この法律は手話がろう者の言葉であることを多くの人に知ってもらい、手話を使った情報の提供自由に手話が使える社会をつくっていくことをもりこんだ法律です。
 
集まったグループの方々はこの法律が施行されれば、もっとろう者の問題が多くの方に理解してもらえるのではと期待されていました。
 
具体的に現在、困っていることとして、
 
・災害の時、情報が中々届かない。
・通訳者の派遣サービスが行政に設けられてはいるが、県内で聴覚障がいの手帳を持つ人は6700人超に対し、派遣されている通訳者は200人ほどで、中々サービスが受けれない。
・仕事につきたいが手話が分かる人が少なく、中々仕事につけない。
・高齢者でデイサービスや福祉施設を使いたいが、手話が通ぜず、友人ができずらく、いかなくなってしまったなど、それぞれの状況を話して下さいました。
 
今月25日には三重県松阪市議会「手話条例案」を全会一致で可決しています。全国で4例目で中部地方では初めて。4月1日に施行されます。
 
今回出された意見書に続いて岐阜県内各地で条例化が進み、合わせて「手話言語法」が成立することを願っています。
 
posted by 高橋かずえ at 16:25| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする